川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
HOMECONTENTSタックスニューストピックスニュース平成17年トピックスニュース 170523


会社法案が衆議院を通過。成立が確実に。

戻 る(平成17年の記事一覧へ)
 17日、これまで商法や有限会社法などで規定されていた「会社制度」をまとめ、現代化する「会社法案」が衆議院本会議で一部修正のうえ可決され、参院に送付されました。

これで、今国会中での同法案成立はほぼ確実。成立すれば、2006年中に施行される見通しです。

 一部修正された法案は以下の3項目です。

◆取締役の利益供与の責任

総会屋への利益供与があった場合、「故意や過失がない」と立証した取締役は賠償責任を免れる規定について、利益供与に直接関与した取締役が除外されることになりました。

◆自己株式の市場での売却

定款の定めがあれば、自己株式を市場で売却する際、必要な手続きを簡略化できる規定が削除されました。

◆株主代表訴訟

株主代表訴訟を提訴できないケースのうち、会社の正当な利益が害されたり、会社に過大な費用負担が生ずることが予測される場合などの条件が削除されました。