川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2017年タックスニュース 2017.01.30


【時事解説】レジの待ち時間が技術革新でなくなる予兆

戻 る(2017年の記事一覧へ)
 コンビニエンスストアやスーパーでは、お昼や夕方になると、レジの前に行列ができ、買い物客のストレスとなっています。

そんなレジのシステムが大きく変わろうとしています。

アマゾンは2017年、米国にコンビニの実店舗を出店することを発表しました。

店舗では、日本のコンビニと同じように、サンドイッチや卵、飲み物などを販売する予定です。

 従来との違いは、アマゾンの店にはレジがありません。

結果、レジの前で順番を待つ必要がないのです。

お客は欲しい商品をバッグに入れ、あとは店を出るだけで買い物ができます。

通常のコンビニならば犯罪になってしまいます。

そうならないのは、アマゾンのシステムには、AI(人工知能)など、先端の技術が組み込まれ、レジがなくても支払いができるシステムになっているからです。

 技術の一部を紹介すると、買い物客は店に入るときにスマートフォンで専用のアプリケーションソフトを立ち上げます。

駅の自動改札のようなゲートにスマホをかざし、買い物をはじめます。

店のシステムは、AIにより買い物客を認識するので、だれがどの商品を棚から手にとったか、瞬時にわかるようになっています。

一度バッグに入れた商品を棚に戻したときは、センサーの働きで、キャンセルの処理がなされます。

また、買い物客はスマホをみれば、買った商品の合計金額がわかります。

 商品の代金は、銀行口座から自動で引き落としとなります。

レジに並ぶ必要もありませんし、財布からお金を出す手間も要りません。

現在のところ、アマゾンは本拠地の米国での出店を発表していますが、今後、日本にも上陸する可能性は十分にあります。

 2017年、アマゾンはAI(人工知能)やセンサー技術などを駆使し、レジのない店舗を開店します。

実現には、AI技術の発達など、先端の技術が結集したことが大きくあります。

ただ、見方を変えると、アマゾンの取り組みは新商品やサービスを開発するうえで、どのような発想をすればよいか、開発における発想のヒントが多く含まれています。

 従来から、コンビニやスーパーでは、レジ待ちが買い物客にとってストレスであることは知られており、多くの企業が、レジの待ち時間を少なくするため、さまざまな取り組みをしてきました。

 2017年中には、日本のあるコンビニ会社は、商品のチェックや袋詰めを自動化する無人レジの店を開店し、待ち時間の短縮を図る予定です。

ただ、このシステムでは、レジに関する作業の一部が自動化されるだけで、レジそのものはなくなりません。

混雑すると、従来と同様行列ができてしまいます。

 待ち時間が短くなるか、ゼロか、買い物客からすると、レジそのものがないほうが利便性は高いです。では、どのようにすれば利便性の高いサービスを開発できるのでしょうか。

 レジ待ちの有無について、両者の違いはサービスが従来の延長線上のものか、それとも異次元のものかという点にあります。

「待ち時間を短く」は従来の待ち時間の延長線上にあるものごとです。

他方の「レジをなくす」は待ち時間の延長ではなく、全く異次元のものになります。

 新しい、画期的な商品やサービスが成功すれば、ライバルが少ないため、大きな利益が望めます。

アマゾンの取り組みをみると、実現には異次元の発想が必要だといえます。


(記事提供者:(株)税務研究会 税研情報センター)


記事提供:ゆりかご倶楽部


追伸
やっとレジのない世の中になるのかと思いました。
ついでに、商品も自宅まで転送してくれれば助かります。
もっと欲をいえば、商品は原子(??)でできているのだから、同じものがいくつも瞬時で作られメール添付と同じように簡単につくられるようになるのでしょう。それは何百年も先のことでしょうが。
 税金も消費税等の間接税が中心にますますなるでしょうから、消費者が購入したと同時に国庫に入金されるシステムにいずれなるでしょう。申告の全くない税金システムになるでしょう。
こちらはそう遠くない。やろうと思えばいまでもできることかもしれません。
税理士 川島博巳







国税庁HP新着情報
1月30日朝時点での新着情報は、以下の通りです。

国税庁ホームページ掲載日:平成29年1月27日

●国税庁法人番号公表サイト(英語版)の開設について(平成29年4月開始)
●「特定個人情報保護評価書(全項目評価書)(案)」に対する意見募集について(e-Govへリンク)



財務省 各年度別の税制改正の内容
ご意見箱 財務省
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています