川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2017年タックスニュース Friday, April 7, 2017


【時事解説】キャッシュリッチな会社の悩み

戻 る(2017年の記事一覧へ)
 最近、キャッシュリッチな会社が増えています。

キャッシュがたくさんあることは金持ちの象徴であり、「キャッシュが多ければそれでいいではないか、なんら文句をつけることではあるまい」といわれるかもしれません。

個人であれば、自分で稼いだものをキャッシュとして貯め込むことに、誰も文句はつけられません。

 個人で事業を行っていれば、事業で儲けた利益は当然に個人のものです。

そのカネを事業に使おうが、消費に使おうが、はたまた無闇に貯金しようが、どう処分しようと個人の自由です。

しかし、会社は違います。

会社の目的は出資された資金を事業に活用して、出資者の財産をより増加させることにあります。

会社の財産は最終的に必ず出資者個人に還元されなければなりません。

会社は出資者個人の財産を増加させるための手段であり、経済活動を行う箱に過ぎない、というのが株式会社の基本的な考え方です。

 会社は株主財産をより大きく増加させるためにキャッシュを使わなければなりません。

高度経済成長時代には高い利回りを稼げる投資機会はいくらでもありました。

投資することで会社は成長し株主財産は増加しました。

多くの会社でキャッシュが余るということはなく、資金不足が常態でした。

事業活動の中でキャッシュをできるだけ手元に確保することが何より重視され、利益は株主に配当するより内部留保が優先されてきました。

そこには資金繰りという課題はありましたが、株式会社そのものの存在意義を問われることはなかったのです。

今から考えれば幸せな時代でした。


記事提供:ゆりかご倶楽部







国税庁HP新着情報



財務省 各年度別の税制改正の内容
ご意見箱 財務省
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています