川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2017年タックスニュース Tuesday,October 3,2017


《コラム》改正労働基準法の内容と動向

戻 る(2017年の記事一覧へ)
今秋の臨時国会での審議の行方

 平成27年4月に閣議決定された改正労働基準法案は労働時間や休暇に関する企業にとって大きな影響が及びそうなものでしたが、実施の難しさからか今も継続審議中となっています。

しかし今秋の臨時国会で働き方関連法案の同一労働同一賃金、時間外労働上限規制と併せて審議されそうな動きがあります。

労働基準法改正で何が変わるのでしょうか。


改正予定の法案の内容

@中小企業における月60時間超の時間外労働割増率50%以上適用猶予の廃止

・・・・中小企業では元々月60時間超えでも割増率は50%以上にすることは猶予されていましたが、割増率を上げる事は企業への影響が大きい為、平成31年4月からの実施予定は延長される可能性があります。

A著しい長時間労働に対する助言指導を強化する為の規定の新設

・・・・これは時間外労働の上限規制の法案が出ていますので併せて考えられるでしょう。

B一定日数の年次有給休暇の確実な取得・・・・労働者に付与された年次有給休暇のうち「5日」については会社で時季を指定して強制的に有給取得させるというものです。

欧州での有給取得率の高さは会社が有給を取る日を事前に決めているからだそうです。

この5日については本人が年休取得したり、会社の計画的年休付与を5日以上行ったりしていれば強制的に取らせなくともよいとされています。

また、年休管理簿の作成が義務付けされます。

Cフレックスタイム制の見直し

・・・・1日8時間週40時間の適用はありましたが、割増について1ヶ月単位の精算期間の上限を1ヶ月から3ヶ月に延長し1ヶ月を超える枠を決める時は1週50時間を超えたら割増賃金を払う事になります。

D企画業務型裁量労働制の見直し

・・・・「企画立案調査分析」業務の他それを活用させて裁量的にPDCAを回す業務と課題解決型提案営業も裁量労働(みなし労働)を認めるとしています。

E特定高度専門業務・成果型労働制(高度プロフェショナル制度)の創設

・・・・業務範囲が明確で一定の年収で高度な知識を有する業務に従事する者の労働時間の時間外、休日、深夜の割増適用除外

F企業単位で労使の自主的取り組み促進


記事提供:ゆりかご倶楽部







国税庁HP新着情報
10月3日朝時点での新着情報は、以下の通りです。

国税庁ホームページ掲載日:平成29年10月2日

●輸出酒類販売場制度がはじまりました
●平成29年度(第67回)税理士試験 出題のポイントについて



財務省 各年度別の税制改正の内容
ご意見箱 財務省
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています