川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース平成21年タックスニュース210130


e-Taxで小遣い稼ぎ? 狙いは5千円控除

戻 る(平成21年の記事一覧へ)
 2月16日からはいよいよ確定申告。すでに還付申告や国税電子申告・納税システム(e−Tax)の24時間受付がスタートしています。

  e−Taxといえば、e−Taxで確定申告した場合、最高5千円が税額控除される「電子申告等特別控除」が適用できます。

確定申告の必要がないサラリーマンなどは、「自分には関係ない控除だな」と思いがち。

しかし、源泉徴収と年末調整で課税関係が終了してしまう人は、確定申告の必要がないというだけで、「してはいけない」ということではありません。

 5千円控除目当ての申告も「可能」(税務当局)なのです。

 会社員が5千円控除目的で申告する場合、会社からもらった源泉徴収票の通り入力していけばOK。

もし源泉徴収票を紛失したという場合には、早めに会社に言って再発行してもらいましょう。

 国税庁によれば、「メーカーの努力により、以前は3千円程度だったICカードリーダライタの価格が、2500円程度まで下がっています」。

5千円がキャッシュバックされるうち、電子証明書取得費用(住基カードなら千円)とカードリーダライタ代を差し引いた金額が手に入れられます。

ちなみにカードリーダライタを人から借りた場合には、経費は電子証明書取得費用のみということになります。

 なお、同控除はe−Taxビギナー限定。
昨年適用した人は、今回は対象外。e−Taxの24時間受付は3月16日(月)までとなっています。


(エヌピー通信社)

   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています