川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース平成21年タックスニュース210610


国税「ダイレクト納付」が9月からスタート

戻 る(平成21年の記事一覧へ)
 国税庁が「平成21年9月から新たな電子納税であるダイレクト納付のサービスが開始」されることをアナウンスしています。

 ダイレクト納付とは、平成20年度税制改正で認められることになった国税の新たな納付手段。

国税電子申告・納税システム(e-TAX)を利用して納税申告をする場合、事前に税務署や金融機関に届出をしておけば、申告と同時に税の納付までできるというものです。

納付は指定した預貯金口座から行われますが、インターネットバンキングを利用した場合とは違って利用手数料等がかかりません。
また、納付日を指定することもできます。

 簡単に言えば、公共料金などの自動引き落とし(振替)に近いイメージです。

同様の仕組みとして振替納税がありますが、振替納税は申告所得税、および個人消費税のみが対象なのに対し、ダイレクト納付はe-TAXで電子申告が可能な税目のすべてに適用できます。

つまり、源泉所得税や法人の消費税のように申告・納付回数の多い手続きに利用できるので非常に便利です。

 ただし、ダイレクト納付の場合は振替納税のように納期限の延長という特典は使えません。

 注意が必要なのは、税務署に届出を提出してから利用可能になるまで1ヶ月程度かかること。

また、ダイレクト納付ができるのは、e-Taxの利用可能時間内(通常は平日の午前8時30分から午後9時まで)で、かつ利用する金融機関のオンラインサービス提供時間内に限られます。


ゆりかご倶楽部


参考URL
国税庁 ダイレクト納付の手続
「ダイレクト納付」について特によくある質問




   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています