川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース平成21年タックスニュース210929b


持つものにやさしい制度

戻 る(平成21年の記事一覧へ)
最近、政府により実施された景気対策には、ある共通項があるようです。
いくつか概要を掲げますので、見つけてください。

一般住宅の住宅ローン控除

 住宅ローンを利用して、今年及び来年中に住宅を新築等し居住した場合、年50万円、10年間で最大500万円所得税が減税されます。

また、控除額を所得税から引ききれない場合は、残額を翌年度の住民税から年最大97,500円控除できます。

認定長期優良住宅の住宅ローン控除

 建物の耐久性を高めるために建築コストがかさむと考えられることから、一定の条件のもと、一般住宅の住宅ローン控除より約20%割増で控除が受けられます。

ローンがない場合でも、最大100万円の税額控除が受けられます。

特定の長期所有土地等の所得の特別控除

 今年及び来年中に、日本国内の土地等を取得し、その後5年超所有してから譲渡し、譲渡益が出た場合、所得から1,000万円の特別控除が受けられる制度です。

エコカー減税

 最近、テレビCMでおなじみですが、例えば、平成17年排出ガス基準75%低減レベルで平成22年度燃費基準+20%達成のハイブリッド車を購入する場合、自動車取得税と自動車重量税が全額免除され、なおかつ、一定の条件で補助金が最大25万円支給されます。

エコポイント

 エアコン、冷蔵庫、地上デジタル放送対応テレビのうち統一省ラベル4つ星以上のグリーン家電を購入するとエコポイントを取得でき、申請によりエコポイントと商品券などとを交換できる制度です。

共通するのは……

 これらの制度を眺めていて感じるのは、「持つもの」だけがその恩恵を受けられるということです。

つまり持つものにやさしい制度です。

持たざるものは、定額給付金でガマンしろということでしょうか?

 一億総中流時代が終焉した今、今は持てないが、あきらめず頑張れば持つことができると、このような層の人々に夢を持たせる税制や政策こそが、日本の将来を明るくするのではないでしょうか?


ゆりかご倶楽部


追記
 上記のご意見ごもっともです。課税の公平はないように見えます。
住宅を購入した人はローンを返済します。購入しない方、また購入できない方は家賃を支払います。
支出自体は変わりありません。税制全般からいっても金持ち優遇税制の構造になっています。
また、住宅をもっても、建売住宅で、30坪の土地、庭といえるものがあるはずもない。
こんな生活環境が人間らしさを育む風土や故郷といえるのだろうか。



   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています