川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース平成22年タックスニュース 22.12.02


厚生労働省2011年度税制改正要望
戻 る(平成22年の記事一覧へ)
 厚生労働省は、2011年度税制改正要望を発表した旨の報道がありました。

 それによりますと、これまでの「消費型・保護型社会保障」を転換し、広く国民全体の可能性を引き出す「参加型社会保障(ポジティブ・ウェルフェア)」の構築を目指し、

@いきいきと働く
A地域で暮らし続ける
B格差・貧困を少なくする
C質の高いサービスを利用すること
を4本柱とし、先に政府が掲げた「新成長戦略」に沿った要望を行っています。

 まず、新たな次世代育成支援のための包括的・一元的な制度の構築のための税制上の措置として、現在の子ども・子育て支援対策を再編成し、幼保一体化を含め、制度・財源・給付について、包括的・一元的な制度を構築し、社会全体で子どもと子育てを支える体制を実現するために、新システムの子ども・子育て支援対策について税制上の措置を求めます。

 これらは法人税、所得税、法人住民税、個人住民税、固定資産税、不動産取得税等が関連します。

 また、譲渡所得に関する特別控除の特例の障害者通所サービス等への範囲の拡充で、障害者自立支援法に基づくサービス用地のための土地の譲渡について、これまでは、第1種社会福祉事業入所サービス、第2種社会福祉事業保育所・老人デイサービスセンター等への譲渡は、収用証明書がなくても控除が受けられるのに対し、第2種社会福祉事業通所サービスやグループホーム等については、収用証明書がなければ受けられないので、これらにも適用できるように要望しております。

 このほか、事業主が存在しない等の理由により企業年金等に移行できない適格退職年金に関する税制優遇措置の継続、医業継続に関する相続税・贈与税の納税猶予等の特例措置の創設、試験研究費の総額に関する税額控除制度の拡充などを要望しております。

 なお、2011年度以降の子ども手当に関する税制上の措置については、2011年度の予算編成過程での検討を踏まえて講じるとしております。


(注意)
 上記の記載内容は、平成22年10月27日現在の情報に基づいて記載しております。
 今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。


記事提供:ゆりかご倶楽部





   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています