川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース平成22年タックスニュース220906b


屋上の広告板料金 不動産所得に該当
戻 る(平成22年の記事一覧へ)
 至るところに広告効果を見出すのが得意な日本人。
もはや街中が広告にあふれているといえます。

 その代表例が、建物の屋上スペースや壁面を活用して取り付けられた広告看板です。
電車や車に乗って窓の外を眺めていると、たくさんの広告看板を見つけることができます。

 こうした広告看板は、広告を出したい側が広告看板の所有者に使用料を支払って初めてポスターなどを貼ることができます。

 広告などのため、土地、家屋の屋上または側面、塀などを使用させる場合に地主や家主が受け取る対価は、「不動産所得」に該当します。

 不動産所得とは、@土地や建物など不動産の貸付けA地上権など不動産の上に存する権利の設定および貸付けB船舶や航空機の貸付け――によって生じる所得です。
「総収入金額−必要経費」で計算します。

 必ずしも広告看「板」に限らず、広告塔やネオンサインなどの設置の対価として受け取るものも含まれます。

また、広告を出す使用料のほか、「許諾料」などとして一時に受け取るものや、「管理料」「電気料」などとして受け取るものも含まれます。

 ところで、街中の広告看板というと、野外にあるものだけではありません。
銭湯や飲食店など、人が集まる場所の壁面にも広告看板は存在します。

 浴場業、飲食業など店舗内に広告の掲示することで店主が受け取る収入については、不動産所得ではなく事業の付随収入として「事業所得」となります。

 事業所得は、農業・漁業・製造業・卸売業・小売業・サービス業その他の事業を営んでいる人の、その事業から生ずる所得のことです。

不動産所得同様、「総収入金額−必要経費」で計算します。

<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供:ゆりかご倶楽部



   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています