川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース平成23年タックスニュース 23.06.09


譲渡所得調査:2,484億円の申告漏れを把握 国税庁
戻 る(平成23年の記事一覧へ)
 国税庁は、2009事務年度(2009年7月から2010年6月までの1年間)における譲渡所得調査5万3,535件に対し、

うち62.6%にあたる3万3,539件から2,484億円の申告漏れを把握した旨の報道がありました。


 税務調査は年々、高額・悪質なものを選定して重点的に行われており、

譲渡所得調査においても、不動産等の売買情報など、

あらゆる機会を利用して収集した各種資料情報を活用して、高額・悪質と見込まれるものを優先して実施しております。


 前年度に比べますと、調査件数23.2%減、申告漏れ件数26.2%減、申告漏れ所得金額は27.8%の大幅減少となりました。

 申告漏れ割合は前年度(65.2%)からやや減少しましたが、調査した約3件に2件から申告漏れを見つけた計算になります。

 調査1件あたりの申告漏れ額は464万円(前年度494万円)となりますが、

この額は、同事務年度の所得税調査における調査等で把握された1件あたり平均の申告漏れ額129万円を大きく上回っております。



記事提供:ゆりかご倶楽部



   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています