川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース平成24年タックスニュース 2012.04.26


平成22年分の相続税の申告の状況について 平成24年4月 国税庁
戻 る(平成24年の記事一覧へ)
 国税庁によると平成22年分の相続税の申告の状況について、

平成22年中(平成22年1月1日〜平成22年12月31日)に亡くなった人から、相続や遺贈などにより財産を取得した人に係る申告事績の概要は次のとおりです。

1.被相続人数
 被相続人数(死亡者数)は約120万人(前年約114万人)、このうち相続税の課税対象となった被相続人数は約5万人(前年約4万6千人)で、課税割合は4.2%(前年4.1%)となっており、前年より0.1ポイント上昇しました。

2.課税価格
 課税価格は10兆4,470億円(前年10兆1,072億円)で、被相続人1人当たりでは2億1,006万円(前年2億1,765万円)となっています。

3.相続税額
 税額は1兆1,754億円(前年1兆1,618億円)で、被相続人1人当たりでは2,363万円(前年2,502万円)となっています。

4.相続財産の構成比
 相続財産の金額の構成比は、土地48.4%(前年49.7%)、現金・預貯金等23.2%(前年22.3%)、有価証券12.1%(前年12.0%)の順となっています。


※基礎控除の縮減の相続税の課税の強化が行なわると相続税の申告数が相当増えるでしょう。




   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています