川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース平成24年タックスニュース 2012.02.03b


勧誘にご用心!未公開株・社債で注意喚起
戻 る(平成24年の記事一覧へ)
 「未公開株の損を取り返すので、その前に別の商品を買ってください」

「必ず儲かる株です。元本も保証します」

「もし○×社の株や社債を買っていただけるなら、後々高く買い取ります」

「金融庁の者ですが、信用できる株があります」――

こうしたうまい話≠ノ潜む落とし穴について、金融庁や警察庁、消費者庁などがリーフレットを作成し、注意を促しています。


 リーフレットでは、「一般的に、幅広い投資家に未公開株・社債の取引の勧誘が行われることは、考えられません」「知らない人からの電話や郵便による未公開株・社債の勧誘は『詐欺』の可能性大」としています。


 未公開株・社債は、金融庁・財務局に登録している証券会社だけが販売できます。

無登録者が売り付けや売り付け媒介を行った場合、原則的に売買契約が無効になります。

また、無登録業者は未公開株・社債の勧誘を行うことができません。

 勧誘してきた業者が登録を受けているかどうかは、金融庁・財務局のホームページや電話で確認できます。

たとえ登録業者でも、「元本保証」「絶対に儲かる」などといった勧誘方法は禁止されているので、そうした勧誘を受けた場合は注意が必要です。


 リーフレットで注意喚起しているのは、前述の3庁のほか、国民生活センターと日本弁護士連合会、日本証券業協会です。

不審な勧誘を受けた場合は、金融庁・金融サービス利用者相談室や警察、消費生活センター・消費者ホットライン、法テラス、日本証券業協会に相談するように呼び掛けています。



<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供:ゆりかご倶楽部




   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています