川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース平成24年タックスニュース 2012.02.13


平成24年度の年金額 前年比0.3%引き下げ
戻 る(平成24年の記事一覧へ)
 厚生労働省は1月27日、平成24年度の年金額を23年度分より0.3%引き下げると発表しました。

 年金額は物価変動に応じて改定されます。

総務省が発表した23年の全国消費者物価指数の平均値が、22年と比較して0.3%のマイナスとなったことに連動し、24年度の年金額も0.3%引き下げられることになりました。

引き下げ後の金額は4月分が支払われる6月から適用されます。

 なお、現在の年金額は、特例法により平成12年から14年の物価下落が反映されておらず、本来の年金額よりも2.5%高い水準のまま支給されています。

この差額分について厚労省では、将来、年金を受け取る現役世代の年金額を確保するため、24年から26年の3年間での解消を検討中で、「今年の通常国会で法案を提出する予定」としています。

法案が成立すれば、10月分が支払われる12月からは、今回の引き下げ分に加えて、さらに0.9%引き下げられることになります。


<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供:ゆりかご倶楽部



   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています