川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース平成26年タックスニュース 2014.01.17


消費増税で郵便切手が新デザインに

戻 る(平成26年の記事一覧へ)
 日本郵便は消費税率引き上げに合わせた郵便料金の改定に伴い、新料金の普通切手・郵便はがきを新しいデザインで発行します。

 郵便料金は、平成26年4月1日の消費増税に合わせ、通常はがきは50円から52円に、25グラムまでの定形郵便物は80円から82円になるなど値上げされます。

 これに伴って発行される新デザインの切手は11種類。

52円切手にはソメイヨシノ、82円切手にはウメ、92円切手にはスミレが描かれます。

11年半ぶりに復活した2円切手にはエゾユキウサギの姿がデザインされます。

そのほか、屋久島国立公園の縄文杉、吉野熊野国立公園の那智の滝、利尻礼文サロベツ国立公園など、日本の自然がテーマのようです。

 新しい郵便はがきのデザインは10種類。

ヤマユリや山桜、胡蝶蘭などが採用されました。

このほか、郵便書簡が1種類、特定封筒(レターパック)が2種類新たに販売されます。

普通切手や郵便はがき、郵便書簡の発行は平成26年3月3日から、特定封筒の発行は3月24日から。

 新料金の切手等の販売に伴い、ヤマセミやキジバトが描かれている80円切手やカルガモが描かれている90円切手など、見慣れた普通切手、普通はがき、普通書簡38種は販売終了となります。


<情報提供:エヌピー通信社>



記事提供:ゆりかご倶楽部
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています