川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース平成26年タックスニュース 2014.03.27


《コラム》お墓は「相続」されるのか?

戻 る(平成26年の記事一覧へ)
お墓は遺産にあらず

 相続では財産の承継のみならず、お墓を誰が守るかでも揉めることがあります。
これは、どのように決まるのでしょうか。

 民法は、祭祀財産を遺産として遺産分割の対象とするのではなく、別の規定に基づき祭祀主催者が承継すると規定しております。

祭祀財産の種類は、系譜、祭具及び墳墓であり、お墓は「墳墓」に該当します。

なお、遺骨は、これ自体は祭祀財産ではありませんが、判例は、慣習に従って祭祀を主宰すべき者に帰属するとしています。


祭祀財産とは何か

 祭祀財産は、遺産分割の対象外である上に、差押禁止物であり、かつ、相続税のかからない非課税財産です。

これらはわが国の祖先崇拝という習俗等を考慮したものですが、その趣旨を逸脱して、専ら、脱法的な、あるいは、鑑賞の目的のために、祖先祭祀という趣旨を逸脱し、または、その機能が既に失われた場合には、通常の財産・遺産として扱うべきです。


誰が承継することになるのか

 祭祀財産の所有者(被相続人)が死亡すると、祭祀主催者がこれを承継します。
祭祀主催者は、以下の通りに決まります。

@被相続人の指定(生前行為でも遺言でもよく、口頭・書面、明示・黙示のいかんを問わない)があればその指定に従う。

A@の指定がない場合は、慣習に従う。

B@の指定もAの慣習でも明らかでない場合、
 @の指定やAの慣習の有無やその内容等に争いがあるような場合は、家庭裁判所が指定(審判)する。

Bの指定の基準は、判例により、「承継候補者と被相続人との間の身分関係や事実上の生活関係、承継候補者と祭具等との間の場所的関係、祭具等の取得の目的や管理等の経緯、承継候補者の祭祀主宰の意思や能力、その他の一切の事情(例えば利害関係人全員の生活状況及び意見等)を総合して判断すべきである」とされています。




記事提供:ゆりかご倶楽部
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています