川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース平成26年タックスニュース 2014.08.22


【時事解説】中小企業の海外展開支援

戻 る(平成26年の記事一覧へ)
 わが国の経済が今後人口減少社会を迎える中、中小企業においては成長著しい海外市場の需要を取り込むことが求められています。

そして中小企業の海外展開支援ニーズの高まりを受け、政策支援も強化されています。

 2012年には「中小企業海外展開支援大綱」が改定されました。

改訂のポイントとしては、「オールジャパンでの組織の壁を超えた支援体制の強化」、海外展開を計画する中小企業による事業可能性の調査を支援するなどといった「クールジャパンを活かしたサービス、商品などのマーケティング支援強化」、海外進出日系企業などへのインターンシップ推進を図る「若手人材を始めとする海外展開人材の育成強化」などがあげられます。

 「中小企業白書(2014年版)」では、「中小企業海外展開現地支援プラットフォーム」の強化・拡充が謳われています。

これは、現地公的支援機関、現地関係機関(商工会議所など)、現地民間支援機関(金融機関、コンサルティング会社、法律・会計事務所など)といった官民の支援機関でネットワークを構築しつつ、現地にコーディネーターを配置することによって、法務・会計・労務、資金調達、人材確保、パートナー発掘等、中小企業の海外展開に対して一元対応を図るというものです。

 また同白書では、多様化する中小企業の海外展開ニーズに柔軟に応えていくために、民間の海外展開支援企業と連携することの重要性が指摘されています。

 では、人口減少がとくに著しい地域経済においては、具体的にどのような中小企業の海外展開支援が行われているのでしょうか。

ここでは、島根県によるロシア貿易支援の取組みについてみていきましょう。

 島根県には県内唯一の国際貿易港として浜田港があります。

島根県では海洋を挟んだ浜田港と極東ロシア地域との地理的近接性を活用し、「浜田港ロシア貿易拡大プロジェクト」を推進しています。

同プロジェクトでは、行政(島根県及び浜田市)、経済関連団体、国際物流業者で実行委員会が組織され、浜田港を西日本におけるロシア貿易の拠点とするための取り組みが行われています。

 具体的には、ウラジオストクと浜田市に「しまねビジネスサポートセンター」を設置し、浜田港を活用したロシア貿易の相談支援などによるビジネスマッチングや、浜田港での貨物集約業務、ウラジオストクでの島根県産品のPRなどが行われています。

このビジネスサポートセンターの業務を受託しているのは、長年に亘り中古車の輸出をはじめとするロシア貿易事業を行っている浜田市所在の民間の商社です。

 また、島根県しまねブランド推進課を事務局として、県内の企業・団体で「しまね食品輸出コンソーシアム」を組織し、海外バイヤーの招聘・商談会開催、現地フェアの開催、国際見本市への出展などを通じて、ロシアなど世界各地の有望市場へ県産品の輸出拡大を推進する取り組みが行われています。

 経験が豊富な民間企業のノウハウを活用するなど、官民が連携して取り組むことが重要です。


(記事提供者:(株)税務研究会 税研情報センター)



記事提供:ゆりかご倶楽部


参考URL
「中小企業海外展開支援大綱」の改訂について〜中小企業の海外展開を総合的に支援 経済産業省
中小企業庁:第4回 中小企業海外展開支援会議
「中小企業海外展開支援大綱」の改訂について 〜中小企業の海外展開を総合的に支援〜 中小企業庁
中小企業庁:経営サポート「海外展開支援」




国税庁HP新着情報
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています