川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース平成26年タックスニュース 2014.09.22


《コラム》教育訓練給付金の給付拡大

戻 る(平成26年の記事一覧へ)
介護職等の資格取得も使える

 雇用保険の教育訓練給付は労働者や離職者が自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講終了した場合、その費用の一部を支給するものです。

 平成26年10月からの給付内容が拡大され、中長期的なキャリアアップ支援の為、厚労省が専門的・実践的な教育訓練として指定した講座(医療福祉、技術系等)を受講した場合に給付金の割合が上がります。


給付金の引き上がる講座とは

 次のうち資格試験の受験率及び合格率・就職率等の指定基準を満たす厚労省大臣が指定した講座で「専門実践教育訓練」と呼び現在の「一般教育訓練」と区別されます。

@業務独占資格は資格を持たず業務を行う事が法令で禁止されている資格で看護師や歯科衛生士等医療系資格や理美容、電気工事士、建築士、海技士等26種あります。

名称独占資格は資格をもたずに業務を行う事はできるがその名称の使用は法令で禁止されている資格で、保健師、栄養士、保育士、介護福祉士等8種類あります。

これらの資格取得の為の訓練を目標とした養成施設の過程(それを受講する事で公的資格を得る、受験資格を得る等する事)の訓練期間は3年以内です。

A専門学校の職業実践専門課程は2年間で専修学校の専門課程のうち文部科学大臣が指定したものを受講した時。

B専門職大学院は訓練期間が2年から3年で高度専門職業人の養成を目的としています。


10月からの訓練給付金はどう変わる

 一般教育訓練と専門実践教育訓練の2種類で金額や給付期間が違います。

一般教育訓練は従来通り受講者が支払った訓練経費の20%で上限は10万円、支給期間は最長1年間です。

専門実践教育訓練は訓練経費の40%、上限は年32万円、期間は原則2年で資格に繋がるときは最長3年になります。

これの支給対象者は10月1日以降に初めて受講する場合、受講開始前までに通算して2年以上雇用保険に加入している人です。

10月1日以降2回目以降の受給は前回の受講開始日から次の受講開始日までに通算して10年以上、雇用保険に加入していた人です。



記事提供:ゆりかご倶楽部



追加
個人的には、助成金も含めてこのような給付金はやめたほうがよいと思います。
もらう人ともらわない人が存在するからです。不公平が生じます。
役所からの給付される手当ても同様です。
申請しなければ給付されない制度はやめたほうがいいと昔から思っています。
税金も同様です。医療費控除も同様にやめたほうがいいと思います。
保険税を支払っていて、還付があるのもおかしな話です。



国税庁HP新着情報
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています