川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース平成26年タックスニュース 2014.11.10


赤字申告法人6年連続7割超

戻 る(平成26年の記事一覧へ)
 平成25事務年度の赤字申告企業の割合は6年連続の「7割超」でした。

赤字申告割合が5割だった四半世紀前と比べて、利益を上げられずに苦しんでいる経営者が多いことがうかがえます。

 昭和40年代に4割以下だった赤字申告法人割合は、50年に4割を超えました。

55年以降は5割超、平成5年以降は6割超、そして20年以降は7割超の状態が続いています。

先ごろ国税庁が公表した「法人税等の申告(課税)事績の概要」によると、

平成25事務年度の赤字申告企業は全体の70.9%でした。

わずか40年で、「黒字6割、赤字4割」から「黒字3割、赤字7割」にまでなっているのです。

 25事務年度の法人税の申告件数は277万1千件。

その申告所得金額総額は53兆2780億円、申告税額総額は10兆9403億円でした。

前年度からそれぞれ8兆906億円、9298億円増加。

21事務年度(申告所得金額33兆8310億円、申告税額8兆7296億円)からは4年連続でその額を増やしています。

赤字申告法人の割合が6年連続で7割を超えているとはいえ、割合が過去最低だった22事務年度(74.8%)からは3年連続で改善≠オていることも所得金額・申告税額の上昇につながりました。

 政府は法人税率の引き下げに向けて議論を進めていますが、この減税策で喜べるのは3割の黒字申告法人だけという状態が続いています。

7割の会社にとって無関係≠ニもいえる法人税率引き下げで他の増税策が設けられてしまうようでは、経済に大打撃を与えかねません。


<情報提供:エヌピー通信社>



記事提供:ゆりかご倶楽部



11月10日朝時点での新着情報は、以下の通りです。

国税庁ホームページ掲載日:平成26年11月7日

●中小企業庁等が実施する「消費税の転嫁拒否等に関する調査」における調査票の送付について

●「酒類等の放射能分析結果について」を更新しました

●国税庁非常勤職員(アルバイト)募集案内について

●「平成25事務年度 国税庁実績評価書」が平成26年11月7日に公表されました(財務省ホームページへリンク)

●平成26年度「税に関する高校生の作文」国税庁長官賞受賞者発表

●2年前納された国民年金保険料の社会保険料控除について


国税庁HP新着情報
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています