川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース平成27年タックスニュース 2015.01.30


危険空き家への税優遇廃止

戻 る(平成27年の記事一覧へ)
 倒壊などの恐れがある危険な空き家の撤去を促すため、政府は住宅用地の固定資産税を6分の1に軽減する優遇措置を改正する見通しです。

近隣住民などに危険を及ぼす恐れがあると国が指定した「特定空き家」については優遇対象から外すことになります。

来年からの見直しを目指しています。

 空き家の増加は全国で問題となっています。

近隣住民に防犯・防災の側面で多大な迷惑を掛けてしまうリスクも高いのです。

 昨年11月には、空き家に関する問題への国の取り組み方針を規定した「空き家対策特措法」が成立しました。

同法に基づき、国は平成27年から、特に危険が大きい「特定空き家」の指定を始めます。

指定された空き家については、200u以下の住宅用地の課税標準額が更地(固定資産税評価額)の6分の1となる特例の対象となりません。

固定資産税上の優遇をなくすことで、空き家の自発的な撤去を促す狙いです。

 政府は都市部の商業地に適用されている固定資産税の軽減措置も見直す方針です。

平成27年度税制改正大綱では、「特定空家等に係る土地について、住宅用地に係る固定資産税及び都市計画税の課税標準の特例措置の対象から除外する措置を講ずる」としています。


<情報提供:エヌピー通信社>



記事提供:ゆりかご倶楽部



1月30日朝時点での新着情報は、以下の通りです。

国税庁ホームページ掲載日:平成27年1月29日

●「第63回事務年報(平成25年度)」を掲載しました。



国税庁HP新着情報
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています