川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース平成27年タックスニュース 2015.06.23b


《コラム》税務調査の概念の修正

戻 る(平成27年の記事一覧へ)
「調査」により更正する

 税法では、更正処分、再更正処分、再々更正処分は「調査により」行うこととされています。

 従って、税務調査が終了し、更正処分や修正申告がなされた後、税務署長がそれをさらに変更するような再更正を行うには、再調査が必要です。

 しかし、再調査は「新たに得られた情報に照らし非違があると認めるとき」にのみ行うこととされています。

一度調査が行われたら、余程の新情報がない限り、再調査はありません。


「調査」による減額や繰戻還付

 既に行った申告について、納付すべき税額が多すぎた場合、申告書に記載した翌期へ繰り越す欠損金が少なすぎた場合、

申告書に記載した還付税額が少なすぎた場合などでは、納税者から税務署長に対し減額更正の請求ができます。

 また、所得が赤字だった時の、その前の期間への赤字の繰り戻し請求という制度もあります。

これらの請求により、税務署長が減額修正、還付処理をする場合には、「調査」し、その「調査」したところにより、処分や還付を行うことになっています。

これらの税負担を軽減する処置もそれぞれ「調査」を経て行われることになっていますが、「調査」といっても、机上調査とか電話確認調査とかの程度の「調査」で済ませている事例が多そうです。


「調査」概念の統一性?

 「調査」という言葉は税法の中に何回も出てきますが、それらが、同一の意味なのだとすると、減額更正や繰戻還付の請求があって、机上調査で処理が済んだ場合、その年分に関しては一度調査がなされたということなので、もはや「新たな情報」がない以上、通常の税務調査は行えないのか、という疑問が湧きます。

 税務当局も、こういうことについて、このままでは、まずいと判断したようで、今年の税制改正で、異なる2種類の調査概念を設けることにしました。


「調査(実地の調査に限る)」

 机上調査とか電話確認調査とかをもって「調査」としてよい場合と、実地に出向いて行われる臨場調査のみを「調査」という場合とに、法律上の「調査」という言葉を使い分けることになりました。



記事提供:ゆりかご倶楽部






国税庁HP新着情報
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています