川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース平成28年タックスニュース 2016.08.16b


《コラム》7月1日に「中小企業等経営強化法」が施行されました

戻 る(平成28年の記事一覧へ)
中小企業等の生産性向上の為の法律です

 経営力強化のために適切な取組を計画した中小企業・小規模事業者等を政府が積極的に支援する法律が施行されました。

 人材育成、コスト管理等のマネジメントの向上や、設備投資等により、事業者の生産性を向上させる計画を作成することにより、認定された事業者は税務上等、様々な支援措置が受けられます。


固定資産税(償却資産税)が半分に!

 中小企業者等が機械装置(新品に限る)を導入する場合に一定の要件を満たすときは、一定の手続きのもとに償却資産税が3年間1/2に軽減となる特例が設けられました。

 一定の要件とは、

生産性を高める機械装置の取得が対象

(@160万円以上、A生産性1%向上、B10年以内に販売開始)
※生産性向上設備投資促進税制のA類型から最新モデルを除外しているため、10年以内のものであれば、古いモデルでも対象となります。
※中古機械は対象になりません。


固定資産税の軽減措置を受ける場合の流れ

@経営力向上計画策定時に設備を決定
↓設備メーカーを通じて工業会等による証明書の入手

A主務大臣に計画を申請
↓経営力向上設備等の種類を記載した計画申請書と証明書を提出

B主務大臣より認定される
↓計画認定書と計画申請書の写しが交付される

C償却資産税申告書に書類添付
 計画申請書、証明書の写しを添え償却資産税の申告時に提出
※年末までに認定が受けられない場合、減税の期間が2年となります。申請から認定までは最大30日程度要しますので、余裕を持った計画策定が必要となります。


その他金融支援

 固定資産税減税以外の支援措置として、

@商工中金による低利融資

A中小企業信用保険法の特例

B中小企業投資育成株式会社法の特例

などがあり、購入に際して、円滑な資金調達ができるようになりました。




記事提供:ゆりかご倶楽部







国税庁HP新着情報
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています