良心とは

悪いと思って行ったことも、悪くないと思って行ったことにも「良心がとがめる」とか

いいます。きまづいことをしたときにも使う。

私は悪くないと思い、弁解や言い訳をしてしまう習慣をもっている場合にも

良心がなんと思うだろうか。

売れるものをつくることはよいことだろうか。

経済が発展すればよいことだろうか。経済が成長すればよいことなのだろうか。

英語ではconscienceという。「正しいことを知っている」というニュアンスをもっている。

とあるホームページに書いてありました。

世の中その場しのぎで生きていないだろうか。

法律は犯していない。大きなまちがいじゃない。問題はおきないだろう。

でも良心の呵責はないのだろうか。

経済成長優先で自然破壊をしてきたのも人間である。

憲法第19条に 「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。」とあります。

人がその良心に従って行動する自由。憲法の保障する基本的人権の一。という。

思想の自由はわかるが、良心の自由はよくわからない。

判例・通説では、「両者を特に区別する必要はなく、

良心とは思想のうち倫理性の強いものを意味するにすぎない」とあるらしい。

考えたことを他人に伝え、表現できる自由 ともある。

個人の良心では、evil conscience で悪い良心もあることになる。

良心は道徳規範ですから個人勝手な良心があるのはおかしいことなる。

良心に恥じないように行動しなさいと母親から教えられた私には個人勝手な良心は

あるとは思えない。

人に迷惑はかけてはいけません。責任ある行動をしなさい。

と教えられたものです。良心とは道徳の一つで不変のものであると思います。

—————————————————————-
良心の意味を辞典でひくと、善悪・正邪を判断し、正しく行動しようとする心の働き。
「―がとがめる」「―の呵責(かしゃく)」とか、道徳的に正邪・善悪を判断する意識。
善悪を判断して善を命じ悪を退ける知情意の統一的意志。
Wikipediaでは、良心(りょうしん)とは、
自身に内在する社会一般的な価値観(規範意識)に照らして、
ことの可否ないし善悪を測る心の働きのことである。
英語ではconscienceと表記され、その語源には日本語のような「良」を意味する部分はない 。
従って、英語では、good conscience (日本語では、”良い良心”?)や、
evil conscience (日本語では、”邪悪な良心”?)という表現が、存在する。
—————————————————————-

原点

人間が原点である。一人の人を大切にする。

企業の抱える問題を真に解決できるのは他人ではない。

企業にいる一人一人である。

一人一人が本気にならねばならない。

ここに勝利のカギがある。

そこに生きている証しがある。

原点は人間である。企業の成長・発展もより一人一人の生活を

豊かにするためである。幸せな人間生活をおくるためである。

使命(幸福)

我々は、中小企業の良き指導者としての使命を担っている。

真に国家を憂い、民衆の幸福を願う心あるならば、魔すなわち自己との戦いに

勝ち抜いて、自分自身を自由にコントロールして、この仕事が天職なり、一生をかけて

悔いなしという強い決意を胸にきざむ。

幸福は真の幸福とは使命を果たすなかにある。

ゆえに使命を自覚することである。

確信することである。使命に突き進むことである。

自分の一生をどれだけ多くの人に奉仕したか、どれだけ社会に貢献したかである。

迷悟(善悪)

悟りと迷いは表裏一体で人間の生命そのものである。

ゆえに日々戦いである。魔の働きに対して戦いを休めたら、

十分だろうと思うと魔のつけいるスキが生まれる。

毎日が私たちの戦いである。

生きること、毎日前進すること、日々新たに生きることが人生を生きた証しで

あり、己を自由自在に創造していくことができる。

すべては自分自身との戦いである。我々の行く手には苦難や壁が当然ある。

何故、こんな苦しい道を選んだのかかと悩み、苦しむこともあるだろう。

しかし、負けてはならない。

五根

一、信 根  信ずる力

二、精進根  修行に励む力

三、念 根  念ずる力

四、定 根  一つのことに心を定める力

五、慧 根  知恵の力

理想が大きいほど困難も大きい。

それを畏れていては永久に前には進めない。

夢は夢のままである。

困難や障害は当然である。

のり超えるべき苦難があってこそ成長があるし、持てる力をすべて出し、

いのちを燃やしきってこそ人生を真実に生きた歓びも深き味わいも知ることができる。

経営理念

全宇宙からみればほんの小さな地球という星に私たち人間は生命を受けている。

海や川、草や花、森や動物たち美しい自然に囲まれた地球という生命体の一員である。

この地球を幸せな楽園にするも破壊するも知恵と勇気と欲望をもっている人間なのである。

人間はこの地球を楽園にするために、幸せな人生をおくるために生まれてきたと信じている。

その究極の目標のため努力しなければならない。

実現しなければならない使命をもっている。

人間社会の一企業体としてその使命を達成しなければならない。

1.顧客の成長発展のため、知識ある知恵と勇気をもち、価値を創造しゆく人を育てなければならない。

2.企業は個人の集合体であり、個人の自己実現の目標の集合が企業の目標でなければならない。

3.組織のために人間があるのではなく、人間のために組織が必要なのであり、人間を中心においた柔軟な活動力ある組織でなければならない。

4.問題意識をもち決して現状に満足せず、現在から未来への問題解決への強い意志と実行力をもつ人を育てなければならない。

5.人材を育てることができる指導力と説得力をもったリーダーを育てなければならない。