今でも英語の勉強を続けています

 この前の記載日をみたら、2012年8月12日となっていましたので、今年の5月で6年たった

ということになります。

1万時間、10年はやるつもりですが、やはり今現在でも進歩がみられない感じです。

ほぼ毎日勉強していますが、ヒヤリングも20%くらいしか聞き取れません。

独学ですので、話す相手がいませんので、スピーキングすることもありません。

それでも続けることができるのは、それだけ願望が強いのか。はたまた性格なのか。

Skype等を使えば、話すことも可能なのでしょうが、それはどうもする気にはなれません。

元の発端は、ケーブルテレビの英語が聞き取れるようにないたいですから、話せなくても

聞き取れればいいのですが。

聞き取れるということは、話せるということともいいますが。

とにかく、10年は続けるつもりです。

 ところで、英語教育ですが、日本人が英語を話すことができない人が多いのは、学校教育

のせいということもありましょうが、個人的には、親がしゃべれないのに、子供がしゃべれ

るようになるわけないと思います。

つまり親のせいです。日常生活で英語を使わなければ英語を自然とマスターすることは

無理でしょう。

学校教育なら、遅くても小学校1年からやらないとだめでしょう。いな、それでも遅いでしょう。

自然と苦もなく話したり、聞けたりが言語というか言葉の本質でしょうから。

 ともかく、聞けるまで続けようと思います。あの手この手をつかって。

やはり、実践がないと難しいかな。

英語の勉強をしているのですが進歩がどうも

昨年(2011)の5月より英語の勉強をしているのですが、どうも進歩がありません。

ケーブルテレビのアメリカでのテレビ放送のものや映画をほぼ毎日見ているのですが、

いまだに10%もわかりません。YouTubeで見たり聞いたり、英語の音楽を聞いたり、

英会話の本を読んだり、いろいろ本を読んだり、書き取ったり、

いろいろとやってはいるのですが、どうも進歩が感じられません。

実際に会話は全くしていません。当初3年を予定していたのですが、

今は5年に計画変更になりそうです。

TVドラマでも特殊な専門用語を除いては、それほど難しい単語で

会話しているようではありませんが聴き取ることがななかできません。

また覚えた単語もすぐ忘れてしまうので覚えては忘れの繰り返しの連続です。

1万時間の法則(1日3時間で10年、1日6時間で5年)で一つの技術が

ものになるというものがあります。

そうするとマスターするのに10年はかかるということになります。

やっぱり若いときにもっと勉強すればよかったと後悔してしまいます。

そもそもなにかをマスターしようと思い、ギター、ピアノ、英会話と思い、

ふと高校1年のときに英会話クラブをつくり、3年でマスターしようとしましたが、

大学受験クラブになったしまったことを思い出したので、英会話にしたのです。

50歳でPCプログラムのマスターを試み、学校まで1年通い、

ただビデオを見るだけの先生なしで途中で体を壊して頓挫したことがありましたので、

今度は続けたいと思います。

ある程度マスターしたら米国税理士試験など受けてみたいと思っています。