組織に天才型リーダーは必要かにからんで

組織に天才型リーダーは必要かの続きにからみたくなりました。

日本には天才型リーダーがいないから、集合天才型の組織を目指すほうがよいという

内容です。

最期に 組織を集合天才に引き上げるリーダーの能力が求められるといえます。とあります。

教育しかり、飛び級制度が日本にはありません。

優秀な人には、さらに優秀になる教育制度があっていいはず。

12・3歳で大学生や大学院はたや留学制度があっていいはずです。

普通と同じでは天才型は生まれません。

結論でいえば、リーダーを作る教育がされていない。

そのくせ、そんなリーダーを求めている。

すべては教育にかかっているといっても過言ではありません。

企業もしかり、でるクギは打たれる。政治もしかり、出るクギは打たれてしまう。

そんな風土が日本にはあります。

また、失敗したものは、復活できない風土もあります。

一時期、ベンチャー企業とさわがれましたが、今はその言葉もききません。

アメリカンドリームになぞってジャパニーズドリームもいわなくなりました。

日本中、どんよりくもりぞらです。よい材料もありません。

やはり、教育です。教育がかなめです。リーダー教育です。

天才型教育をすすめていくしかありません。