何回もミスを繰り返さない方法

何回も同じミスを繰り返す人がいますが、この改善方法はないだろうか。

注意力欠如、責任感不足、集中力不足等々、病気ではないかとか

インターネット上にはさまざま載っています。

誰でもミスや失敗をした経験はあるでしょう。

また人は同じまちがいを繰り返すものでもある。

失敗したときの恥をかきたくないので、次からは気をつけるのが

普通であるが、同じ簡単なまちがいを何年も続ける人がいます。

いろいろ調べた結果次のことが共通しているようです。

・言い訳や弁解がさきにでる。

・何故まちがったかを探求しない。

・自分やり方があっていると思っているので注意されても指示に従わない。

・他人に頼っている人が多い。

・チェックするのは自分の仕事じゃない考えている

・同じまちがいを繰り返した意識がない。

そのほかには次のようなことが載っていました。

なぜ同じ失敗を繰り返してしまうのか。

・それは問題意識を持たないで、他人や社会に依存して、のんべんだらりと生きているからです。

・自己主張が強いためです。その人にとっては大切なポイントは大切じゃないのです。なんで叱られるかわからないのです。

・何度言っても、自分には自分のやり方があるという頑固さがあり、何べん失敗しても、また繰り返します。

・言われた内容が重要ではなく、言われたことに腹がたつのです

・過ちの原因について検証し、次に同じ間違いを犯さないようにするためには具体的にどうすればいいのか、その答えを見つけない限り、人は何度だって同じ間違いを繰り返してしまうでしょう。

この対処法はあるのだろうか。こちらもいろいろありました。

・始末書を書かせる

・減俸や降格など懲戒処分を行う

・相手がミスを自覚はしている場合には、なぜミスが起こるのか、相手自身にも理由を考えてもう。
 場合によっては、やりかたを一緒に話しながら、相手のやり方をチェックします。

・相手の理解不足が原因であれば、これで解決する可能性が高いですね。

・同じミスを繰り返す原因の1つとして、あなたが伝えようとしていることを部下が正しく理解できていないことが挙げられます。

これはなくて七癖みたいなものでしょう。性格ではありませんが。

・人間って言うのは、いつか言った事も、言われた事も忘れてしまします。
メモだとそのまま残るので、メモを取らせましょう。

興味をひいたのが、「間違えることが習慣となっている」です。

子供にトイレにはいったら電気を消しなさいとか、

家にかえったら、手を洗いなさいとか

何度言ってもいうことをききませんが、これと似ています。

注意されることにも慣れてしまっているのです。

■ミス防止システムの構築
・チェックリストや確認事項リストの作成
 税務署提出の添付よくついていますようなものです。
 チェック事項一覧表を作成してチェックをいれます。
 もし新しいミスが発生した場合には追加します。

■その他記載があった事項

「人間は同じ誤りを繰り返していると誤り自体を無意識下に覚えこんでしまい、さらに繰り返してしまう
どのスポーツにおいても正しい“フォーム”を身に付けることが大切である。
野球なら、投球や打撃のフォームである。意識しなくても、すばやくスムーズにそのフォームで体を動かすことが要求される。
だから体で覚えろなどとも言われる。
ダンスの場合でも、その都度、振り付けを思い出しながら踊っているようでは音楽とシンクロできないだろう。
楽器を演奏する場合も、指使いをいちいち思い出していたら音楽にならないだろう。
しかし、こういった一連の“正しい手順”を覚えるまでが大変だ。
何度練習しても同じところで間違ってしまったりする。
カナダ・オンタリオ州のマックマスター大学の研究者たちによると、人間は同じミスを繰り返していると、そのミス自体を学習してしまうのだという。
“正しい手順”を身に付けようとして、すんなり覚えられれば問題はない。
だが、練習中にどこかでトチってしまうと、その次に練習したときにも同じところでトチってしまうことがある。
これを何度も繰り返していると、無意識のうちに間違いを学習してしまうというのだ。」
「人は同じ誤りを繰り返しているうちに、誤りのパターンを無意識に学習してしまうのではないか・・・とハンフリーズ准教授らは考えている。
正しい手順を学習しようとしているのに、誤り自体を学習してしまうことがあるというのだ。」

「失敗しても、なんだかんだとやり過ごすことができるようになってしまうと、人はどんどん痛みにも鈍感になっていくのだと思います。
そうなるともう、自分で危機感をもって「同じ失敗をしないためにはどうすればいいか」なんて考えることはないでしょうね。」

「同じ間違いを繰り返す人の中には、「自分がこんな間違いをするわけがない。今回はたまたまだ」とか「これは凡ミスだ」などの言い訳をする人が多いように感じます。」

ことわざ 「喉元過ぎれば熱さを忘れる」

■経営チェックリストの作成
 経営者のチェックリストも作成しましょう。
 経営者にはだれも注意をしてくれません。
 いえ、強い奥様がいればガミガミいわれるかもしれませんが、
 これもなれっこになってしまいますので。

経営は選択と決断と実行

Plan Do See とよく言いますが、考察してみたいと思います。

Plan は計画、Do は実行、Seeは反省です。

大きな意味では経営計画ですが、

現在行なっている業務を拡大する場合と新規の業務を始める

場合がありますが、現在行なっている業務を拡大していく場合には、

現在の行なっていく業務が今後、マクロ的に拡大していくのか

競争関係が厳しいのか、デフレになっているのか、

採算はあうのか、付加価値を高めていけるのか

社員を増員して充分な利益が確保できるのか、パート・アルバイトで

ないと利益が採れないのかと内部要因と外部環境を含めた要素で考えなければ

なりません。

特殊な技術があるとか競争相手が少ない産業でないかぎり、厳しい要素が

多いと思います。プラス思考、マイナス思考とありますが。

その中で拡大を選択した場合に、どう営業していくのか、

つまりどう売上を伸ばしていくかという戦略を考え、実行して

いくことになります。つまり、どこにお金と労力と時間を使って

いくかを選択することになり、人脈作りが有効な場合には、

とくに時間を多く使っていくことになります。

でも、つまるところお金です。

いずれにせよ、選択を行い、実行していくことになるでしょう。

一般の業種ですとデフレの波にのまれて採算が合わない、

赤字になるおそれも高いですが、決断・実行していくには

勇気が必要です。プラス思考の方はマイナス要因をあまり考えません。

マイナス思考の方は、マイナス要因ばかり考えます。

現在の経営者の年齢、後継者の問題、社員の年齢及び能力の問題を

トータル的に考え、決断することになります。

世の中が混沌としていますから、ほとんどの方が足踏みをしている

のが現状のようです。

私自身、顧問先への売上拡大思考で拡大支援を行なってきましたが、

何年かの成功はあるのですが、長期的には、売上至上主義は

売れなくなった時に、非常にもろいものでした。

では、身の丈にあった経営をしていけばいいのか、

失敗してもどんどん拡大していけばいいのか。

実際はむずかしい問題なのです。

経営をしていけば、失敗はかならず起こるものだから。

だいたい、よい時に失敗の原因ができます。

経営者の傲慢さ、甘さ、勉強不足、お金の使う場所が

ずれてくるからです。

経営者が気づいたときにはお金が回らなくなります。

それを乗り越えていくのはやはりお金しかないのです。

これは、現実です。つまるところお金です。

人材の育成、人は石垣、人は城といいますが、

会社がおかしくなると人材ほど辞めていきます。

清水の次郎や鬼平犯科帳のような会社風土が作れれば別ですが。

古い話なので若い人にはわからないでしょうが。

人と人のつながりというか、お金を超えた関係でしょうか。

信頼関係よりもはるかに強い親分子分、兄弟仁義、義理人情等々

今では、会社ではないでしょうが、これしか乗り越えられないでしょう。

極力、失敗しないようにお金を使うことでしょう。

失敗しても小さな失敗ですむようにお金を使うことでしょう。

報告・連絡・相談(ホウレンソウ)

会社の業務運営に大切なものは、報告・連絡・相談の3つといえます。

よく略してホウレンソウといいます。

この報・連・相は3つで一つです。

新入社員は知らないことばかりなのでだいたいこの報・連・相の実践をするものです。

仕事に慣れてくると報・連・相をしなくなります。

自分の判断で好き勝手に動いてしまうからです。

任されているからには報告・連絡は必要不可欠なことがわからない。

これは上司になったことがない人にはわからない。

上司が状況がどうなっているかがわからない。

上司は部下の仕事を管理するのが仕事であり責任者です。

報告を受ければ、あやまってれば指示することが仕事です。

報告が遅ければとりかえしかつかなくなることも多くなる。

上司はキリキリお腹が痛いことでしょう。

この報・連・相が上手にできる人が企業にとっては必要な良い人材なんです。

報・連・相ができない人は挨拶もできない人が多いのも事実です。

報・連・相はどんな組織でも社会人の常識なんですが、行われていないケースが多いのです。

日報を書かせるのは記録と同じに報・連・相を書面にてさせているのです。

仕事のできる人は、書面と口頭をうまく使い分けます。

報・連・相ができる人は、自分勝手なことはせず、会社の立場で、相手の気持ちを理解し、

会社に貢献する人なんです。だから会社にとって必要な良い人材なんです。

聞かれるまで報告しない人は会社にとっては必要のない人になります。

企業発展の要はやはり人材です

中小零細企業は大企業と違い、残念ながら優秀な人材の採用はめったにできません。

優秀な人は大企業か国家公務員上級に行ってしまいます。

教育していくしかありません。

ただ、どうしようもない人を教育してもお金のムダとなります。

人を採用するときは、必ず試験をしましょう。

必ず、成績表証明書をみましょう。

中途採用ですと、うそをつく人が多いのも事実です。

必ず前職を確認しましょう。

資格なども必ず合格鉦にて確認しましょう。

ここで一考ですが、本当に頭かいいか悪いかは高校・大学の成績よりも

中学校の成績のほうが大事な場合があります。

ある本で、中学校劣等生で高校入学し、教育者がすばらしかった

のでしょう。税理士試験合格一番の劣等生学校となったという

ことが書いてありました。

そうしますと、税理士は馬鹿がなるといえますが、

そうかもしれません。馬鹿である私が言ってるのですから

すくなくとも私にはあたっています。

気・質・量といって、気はやる気、質は能力・才能、量は実行・時間で

しょうか。気×質×量で成果がでます。

100×100×100=1,000,000 となり、50×50×50=125,000 で

8倍も差がでます。勉強はともかく、仕事については、

個人的には、仕事については、やる気がなくても質と量が

私にはあてはまるような気がします。

私は量で税理士試験に合格しましたから。

やる気がなくても、仕事をすると、早くおわらせたいから集中して

しまう。やめたい会社に勤めていたときもそうでした。

気は集中力ともいえます。

そういえば、昔、ある職員にやる気がなくても仕事だけは

ちゃんとこなせと言ってました。

話がずいぶんと飛んでしまいました。

やっぱり、会社の成長は人材、人なんですね。

一人で普通の人の10倍する人優秀な人はいるんです。

仕事の質となると100倍の人もいるんです。

これは、売上の営業成績ならわかるでしょうが、

事務の能力・成果、はたや発明や企画となると1000倍、

10000倍以上の差がでます。

教育ってとても大事なんですね。

就業規則はなぜ必要なのか

中小企業にどれほど就業規則があるだろうか。

ほとんどの中小企業には、ないだろう。就業規則の作成提出が義務づけられて

それを社員が周知しているところがどれほどあるだろうか。

中小企業において、社長が就業規則となっている。

だから、そのときどきによって変わってしまう。

甘くなったり、きびしくなったり、社長の恣意がはいってしまうことになる。

だから、そのときどきによって変わらないために、就業規則が必要なのである。

社長の恣意性がはいらなくするために、勤怠管理は必要なのである。

社長の気分しないで決めてはいけないのである。

これが管理の基本です。

経営者と社員とは基本的に利害関係にあり、相容れないものである。

相容れられるものなら労働基準法等はいらないはずである。

会社を創業して、社員を雇ったら、まず就業規則をつくりましょう。

甘い就業規則でも厳しい就業規則でも就業規則ですから、社長は、

どんな場合でもそれにのっとって管理しましょう。

あとは、就業規則を変えていけばよい。会社の法律ですから、変わって

いっても当然なものです。

それから、一定の業務遂行には、レシピが必要です。

毎日、味が変わってはいけません。

社員が変わろうと、一定の仕事をしてもらわなければいけません。

レシピとは、業務通達です。税法でいえば、基本通達と同じです。

業務通達は細かければ細かいほどよい。

おおまかだと行う人によって違ってきます。

ちがってくるのは本来まずくなったりおいしくなったりするのと同じです。

一定の味でなければなりません。一定のサービス、一定の業務です。

その業務の質を全員レベルで高めていくことが大事だと思います。

ファミリーレストランやコンビニエンスストアーと同じです。

一定だからお客様が安心して食べられるのです。

無借金経営をめざしましょう

会社は正直つぶれ易くできています。

会社は利益がでないと借入金が増えるようにできています。

これが道理なのです。そういう認識が必要です。

人件費や諸経費のために借りたものは、返せる道理がありません。

なぜなら利益からしか借入金は返すことができませんから。

借金しない構造、借金しない身の丈にあった経営をしていかなければならない時代です。

無理に延ばそうとすると失敗する可能性が高くなります。

ただ、設備資金だけはそうはいきませんので、金額がはる場合はよくよく考えて

やらないとなにが起こるかわかりません。

会社は利益がでないと借入金が増えるようにできています。

利益がでないと借入金の返済はできません。これは、原理原則です。

ですから借金をしない経営をしなければいけません。

9/6と9/7はスタッフの研修です

9/6と9/7は都内へスタッフ(当事務所の職員)が都内にてまる2日研修です。

私も9/6の午後は立川にて研修です。

やはり、会計事務所の仕事はいつも学んでいないと、知識を磨かないと錆びてしまいます。

知識がないと仕事になりません。正直いいますと大変です。

何でこんなに勉強しなければならないんだろうと思うことさへあります。

インターネットにて相談も行っていますが、はじめての事例もあります。

すぐ応えられるられるように知識をつねに磨いていなければなりません。

残念なのは事後相談が多いのです。いわゆるとりかえしがつかないことが

あまりにも多いのです。

先に相談してくれれば防げることがあとではどうしようもないことがあります。

それでも最善をつくしてアドバイスします。

マネジメントの一考察

マネジメントとはなにか。

この永遠の課題みたいなものを考えてみたいと思います。

英語でManagementと書きます。私がつかっている英語の辞書で引くと

「取りあつかい;経営,管理]《theをつけて》経営者側」とありました。

manageを引くと、「経営する、管理する;取りあつかう、操縦する;

どうにか…する、うまく…する」とある。

managerを引くと、「支配人、経営者、マネージャー、(野球の)監督」となっている。

mentを引くとありませんでした。

初めて気がつきましたが、「どうにか…する、うまく…する」という意味があるとは

思いもよりませんでした。

おもしろいのは、例に He managed to get away from the trouble.

「彼はなんとか問題を切り抜けた」と訳してありました。

直訳すると 彼はトラブルからどうにか逃げました、うまく逃げました」となります。

どうも get away の映画が浮かんできます。

どうもマネジメントとはトラブル(困難や問題)から逃げる方法ともいえます。

実際に経営管理というより、逃げるための方法、しかも経営者が管理するのではなく、

経営者がどうにかする、うまく行うといったニュアンスが感じられます。

実態はこんな感じなのではないのでしょうか。

経営がうまくいっていれば、管理は本来必要ないでしょう。

うまくいかないからマネジメントする。うまくいくようにマネジメントする。

あとは方法・手段の問題となる。そうなるとたくさんあります。

それを選択適用していくことになります。

うまくいくように、トラブルが起こったときにうまく逃げるように、

いえ、なんとかするようにと。

一考察でした。