非正規雇用と社会保障問題

非正規雇用なる言葉は、20年前にあったかどうか、記憶にはないが、バブルが終わって、規制緩和がはじまって(確かアメリカからの規制緩和の導入の要望がはじまりだったと記憶している)、ゼロ成長が続いて、バブルが起こり、バブルが終わり、規制緩和が導入された。

というより導入せざるをえなかったのが日本の立場の実情だろうと思われる。

当然規制緩和とは、競争をうながすことになる。

各種商品、サービス対価は下がり続けて今日にいたる。

規制緩和からあぶれたものは、セーフティネットでひろえばいいという考え方の政策に変わる。

現在の政策はこのセーフティネットで補えばいいという考え方といってもいいと思う。

しかし、それがまた生活保護が増えるという悪循環までうんできた。

ところが、大企業(どれほどの割合かわからないが)と特に官僚(役所)はいぜんとと終身雇用制度のままなのである。

利益追求主義ではない役所に今も賞与や退職金制度がのこっているのは、終身雇用制度が残っていて根本的には変わっていないのである。

(税金の公平の視点からは退職金は優遇されており、不公平税制と思うが。)

ところが民間の特に中堅・中小企業は、非正規雇用が増え続けているのが実態なのである。

規制緩和の行き過ぎだろうか。それとも・・・グローバル資本主義経済の当然の成り行きだろうか。

本来なら、民より官で運営されるものは、より合理的で、より節約的で、一番利益が生ずるべきものでなければいけないはずであるが、官で運営すると破綻すると思われている。変な世の中であある。

非正規雇用の問題は、本来は政治がからむ問題ではないが、法律で規制せざるをえないのだろう。

経済道徳とはなにかをも考えざるをえないだろう。

政策的には、同一労働同一賃金を法制化でもしないと難しいだろうか。法律で規制することではない。

法律で規制すると、給料のさがる人が大勢でてきて、これまた社会問題になる。

グローバル化への対応(非正規雇用の増えた原因の一つ)で賃金アップできないだろうが、20から30年後には、海外の賃金水準があがり解決していくものなのかもしれない。またはそれまでにどうにもならない状況になっているかもしれないが。

非正規雇用が増えると医療・年金等の社会保障問題も深刻化していくし、将来に禍根を残すことになる。

税金とのこの社会保障問題の一体改革はなかなか政治議論にならないが、根本的にからませて行うべきことである。こてさきで対処療法することではないが、すすまない。

年金や健康保険等は今だに、企業が保険料を半分負担している状態であり、個人事業者等は国民年金を支払っている。国民年金の支給額で老後の生活ができる金額ではない。

すべての年金を統一して老後に対して生活保護を受けることのないようにすべきである。

年金及び健康保険等の社会保障問題は、税金にて解決することがよかろうと思う。

たとえ消費税が20%、30%となろうと税金で保障すべきことと思う。

消費税をはじめ、不公平な税金は多いので、税金でまかなうということは、より公平でかつ簡単でなければならないと思う。

経済発展の要はなにか

総務省の統計を見てみると

いわゆる正規の雇用者と非正規の雇用者の時系列の割合をみてみると

雇用者の数は昭和60年2月4327万人、平成24年4~6月5511万人

昭和60年2月は正規は83.6%、非正規は16.4%、

平成24年4~6月のそれは65.5%、34.5%となっている。

非正規雇用割合は実に倍となっている。

昭和60年はバブルの真っ最中であった。

失われた20年といわれるが、バブルが終わったのは平成23年3月といわれている。

話は違いますが、私が税理士を開業したのが昭和62年2月のバブルのまんなかである。

本題の経済はよくなるか、労働者の給料・生活はよくなるかであるが、

見通しはくらいといえる。数字のしめすように安価な労働力に推移してきた。

所得格差は広がるばかりである。

経済成長をするにはどうすべきか、持続的成長はどうすればいいか。

たまたま、自民党の総裁選挙の真っ最中でテレビでも討論会をおこなっていた。

公共事業、介護、地場産業、TTPといろいろです。

短期間で変わるものではない。長期的にはどうだろうか。

一番のポイントはどこにあるだろう。グローバル化された世界経済のなかで

どうやって勝ち抜けるのか。政治、経済、医療、教育、研究開発どの分野にも共通する

基礎教育、高等教育、英才教育、人材教育しかないと思う。

時間がかかるのである。どの分野でも世界の中で勝ち抜ける優秀な人材を育てていく

以外に方法はない。教育にお金を投入していくことである。税金を教育にたくさん使う

こと。教育こそ一番大切なことであると思う。

それ以外ありません。

それでも、私は文明退化論者です。相反しています。

今、ラストサムライをみています。トム・クルーズの刀さばき カッコイイ。

「武士道」をもう一度読みたくなりました。日本人が忘れた何かを求めて。

武士道とは死ぬ事と見付けたり。おっと、これは「葉隠」でした。

こちらもまた読みたくなりました。

インターネット動画の情報は必要不可欠のようです

最近はいろいろな政治家のホームページから会見などの動画が見れますので

便利です。新聞ですと一部の記事しか載っていませんし、記者の主観がはいり

自分で判断することができません。会見の全部が見れますし、写真よりも

映像のちからのすごさを感じます。テレビだとやはり一部しか見れませんので

全部の映像と内容を見れるのはすごい時代になったと感じます。

政治も、インターネット動画をどう利用するかの差がでてきている時代に

なってきました。新聞記者等からの質問の応対ひとつを見ても、政治家の

力量もわかりますし、本当に実力のある政治家は、インターネットメディアを

うまく利用することが必須の時代になったとつくづく感じます。

すべてを公開する時代になりつつあるのでしょう。今はその過渡期のようです。

政治について

政治について考えてみます。

政治という言葉からインピーレーションすると、

政治家、政策、国会、法律、官僚政治、行政、霞ヶ関、税金、よくない、変わらない、

よくなってほしい、なんとかしてほしい等々いろいろ出てきます。

民主主義とは国民主権国家です。国民が議員に立候補する政治家に投票して、議員が

選ばれ、まつりごとが行われます。

官僚政治とは、官僚は公務員です。官僚政治とは官僚が実質支配をする政治をいいます。

法治国家ですから法律を作り政治が行われます。

その法律の大半は官僚が細かい規定まで作ります。

これでは、国民主権ではなくお役人主権の世の中ですね。

お上ともいいますが、最近はずいぶんと変わってきています。

税務署、都税事務所、市役所と腰がひくくなってきています。

横柄だったお役人の態度が変わってきています。

昼休みも交替で受け付けています。昔はまったく受け付けてくれませんでしたから。

すこしずつですが、民主主義に国民が主権であるという恐れというかひくつというか

そんな雰囲気になってきているのです。民主党が政権をとったからという方もおります。

インターネットが普及して真実をかくしづらくなったという方もあります。

政治や行政の失策や怠慢などがあちこちにほつれてきて、このままでは崩壊すると

気づいてきているのでしょうか。今までのやり方ではどうにもよくならないとわかって

きたのでしょうか。

国民が賢くなってきたからでしょうか。政治に関心を持つ人が増えてきたからでしょうか。

マスメディアにうそがあるとわかってきたからでしょうか。

真実に目をむける人がふえ、だまされなくなったからでしょうか。

それとも政治に無関心であいそがつきた人がふえたからでしょうか。

政治や行政をみているとみずからくずれてきているようにも見えます。

これは民衆の力が増しているのだと思います。

世界の潮流がそうさせているように思います。