政治が入り乱れて混沌としている

政治が入り乱れている。まるで衆議院解散に向けてのような、自民党、民主党の総裁の

選挙、他の党はどうなのだろうか。委員長選挙なのでしょうか。ないのでしょうね。

維新の会の昨日の討論会でしょうか、宣伝会でしょうか。

来週の16日も行うそうです。

オスプレイの沖縄でのデモが新聞にでてました。

民主主義の変わる過渡期でしょうか。それとも現在の代議員制民主主義の破綻でしょうか。

資本主義も限界でしょうか。企業も同じような、いいときはうまくいきますが、

悪くなるとなにをしてもうまくいかなくなる。

経済も同じことがいえるようです。資本主義経済もどうように、うまくいってるとき

つまり経済成長してるときはひずみがあってもおさまるけれど、成長がないと

問題だらけになってきます。

だから、どの政治も経済成長を重要視します。

つまるところどこの分野でもお金が重要といえましょう。

お金の問題にいきつくのでは。

貧困が問題で内乱や戦争が起き、経済で戦争が起きています。

また、起きた歴史があります。

根源は人間の欲にいきつくでしょうが、欲はなくすことはできません。

食べるための欲から、プライドや名誉欲や支配欲まできりがありません。

尖閣や竹島の国民欲(?)国家欲、

どうすればいいでしょう。

人間の良心に待つしかないのでしょうか。思いやりでしょうか。

国民の自立でしょうか。政治だけでは無理と思います。

民衆の力を増すことだと思います。その潮流が世界で起こりつつあるような気がします。

新聞でAPECで野田首相が中国の国家主席、韓国の大統領に大局的観点から対応や関係と

書いてありましたが、どういう意味でしょう。

囲碁や将棋の大局観でしょうか、こまかなことにとらわれず、長期的、全体的という意味なの

でしょう。よく大局的見地に立っての意味でしょう。

話が飛躍していきます。むずかしい問題です。

コメントを残す