試験勉強の方法

これは、私の税理士試験のために学習のための方法です。

1.何故覚えなければならないかという目的を持ち、記憶材料をしっかり固定させるために意識的に努力を傾ける。
その知識が必要であり、しっかり覚えておかねばならないことをはっきりと意識し、
理解したうえでしっかり長い間覚えていようちう意志の強さをもち学習する。

2.自分が注意深く集中力があると信じ、自分はたくさんのことを覚えることができると確信する。
記憶を発達させよくするするには、意識をコントロールし、さらに意識を通じて潜在意識をコントロールする方法を習得する。

3.記銘 新しい材料に手持ちの知識を比較し、何を記銘しなければならないかを知ることである。
知識が体系化され、整理されていればいるほど、簡単に覚えられる。
材料の理解により多くの時間をついやす方が得策である。

4.記銘は20分ひんぱんに反復する。保持するためには、一昼夜二昼夜反復する。

5.記憶の負担過重を防ぐにためには、記憶の働きを限定し、一番必要なものだけを記憶するのがよい。

6.忘却を防ぐのは、反復である。反復はできるだけ早く行う。

7.計算をマスターする方法は、10回以上分かるまでやる。
これでもかこれでもかって感じでやる。ケアレスミスをなくすにはこれしかない。
分かるからできるには分かるの5倍から10倍に時間が必要と感じる。

8.問題を解いてまちがったらどうして間違ったのかをつきとめる。
そうすれば同じ誤りを避けられる。

9.勉強の効果は時間によってよりも精神の集中によってはかられる。

上記は実は税理士試験の勉強中に何冊かの本を読み抜粋したり考えたものですが、
仕事にも通ずるものがあります。
税理士の仕事は知識がないと始まりませんが、なんの仕事でも勉強は必要なことですが、
仕事の勉強を続ける人は少ないようです。

経営者は経営が仕事ですから、経営の勉強は必要不可欠なことです。

※学校では記憶方法や勉強方法は教えてはくれませんでした。
今の学校ではどうしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>