川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
HOMECONTENTS経理の心得 会計帳簿編


経理の心得 会計帳簿編

経理の心得-インターネット会計事務所会計帳簿編-インターネット会計事務所

仕訳編 会計帳簿編 決算編 申告調整編 帳簿整理編 超実務編 税務調査編 用語説明
資産の勘定科目 負債の勘定科目 資本の勘定科目 収益の勘定科目 費用の勘定科目
振替伝票・入出金伝票 総勘定元帳 決算書

*

会計帳簿は最低限、何となにが必要なんだろう。
会計帳簿というといろいろな種類があります。ここでは厳密な意味での会計帳簿に限定しています。
個人事業では、現金出納帳、各種預金帳、売上帳、仕入帳、経費帳があれば、青色申告特別控除が受けられます。
複式簿記で記帳すれば、総勘定元帳を作成して、資産・負債の貸借対照表が作成でき、65万の控除ができます。
会社の場合も同様に複式簿記により総勘定元帳として、現金出納帳、預金帳、売上帳、仕入帳、経費帳まで作成されることになります。
総勘定元帳のなかに現金出納帳、預金帳、売上帳、仕入帳、経費帳が含まれていることになります。
総勘定元帳の作成
仕訳された振替伝票、入金伝票、出金伝票より、各勘定科目ごとに転記された会計帳簿が総勘定元帳といいいます。それぞれの勘定科目の集計をします。
決算書の作成
決算書とは、損益計算書、貸借対照表等をいいます。この二つの作成が主な目的であります。
総勘定元帳の1年間の各勘定科目の集計残高をもとに作成します。
収益・費用の残高を集計したのが損益計算書であり、資産・負債の科目の残高を集計したのが貸借対照表となります。

損益計算書は1年間の売上から仕入、経費を差し引いた金額であり、プラスなら利益、マイナスなら赤字となります。
貸借対照表は1年たった後の資産・負債の残高で財政状態をあらわしています。




 *

経理の心得 会計帳簿編