川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース平成16年タックスニュース 161005


10/6から環境税でヒアリング開始 環境省審議会

戻 る(平成16年の記事一覧へ)
 中央環境審議会施策総合企画小委員会(委員長=森嶌 昭夫(財)地球環境戦略研究機関理事長)が、温暖化対策税制(いわゆる環境税)について仙台でヒアリングを開催します。

 中央環境審議会総合政策・地球環境合同部会施策総合企画小委員会では、昨年12月から温暖化対策税制とそれに関連する施策を総合的に検討しています。
 今年8月にはこれまでの議論を中間的に整理した「温暖化対策税制とこれに関連する施策に関する中間取りまとめ」を行ったところです。

そして、施策総合企画小委員会において温暖化対策税制(いわゆる環境税)に関する個別の論点について引き続き議論を深めることになっています。

 そのため、同小委員会では地方ヒアリングを開き、広く国民に意見を聴くことにしたわけですが、その地方ヒアリングの日程がこのほど決まりました。
 具体的には、平成16年10月6日(水)にKKRホテル名古屋において14時から16時30分まで開催し、平成16年10月8日(金)にはホテルメトロポリタン仙台で14時から16時30分まで開催するとしています。

 ヒアリング対象者は、名古屋会場が「特定非営利活動法人環境市民東海」、「市民」、「中部経済団体連合会」で、仙台会場が「東北経済連合会」、「仙台食品運輸」、「みやぎ・環境とくらしネットワーク(MELON)」となっていて、「中間とりまとめ」を元にヒアリングが行われる予定です。