川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
HOMECONTENTS相談事例集相談事例170715


ペンション経営の開業資金の贈与について

相談事例集 Indexへ戻る

相談内容



はじめまして、さて私 会社員を辞め 夫婦で今度ペンション経営を○◇で行う予定をしており、それに際しお互いの実家から私の兄より1000万円 妻○子の母より200万円頂けることになっており、一番良い節税もしくはその他の方法が無いか教えていただきたくメール致しました。よろしくお願い致します。

解答


まず、奥様の母上の件から
65才以上の親から20才以上のお子さんへの贈与に付き、相続時精算課税の選択をすれば、贈与税はかかりません。
ただし、母上の相続のときに相続税として精算します。
類計で2500万まで適用があります。

母上の相続のときに相続税がかからなければ、結局無税となります。
この制度を選択した場合には、通常の暦年課税(110万まで贈与税なし)の規定が母上からの贈与については今後使えません。

母上の年齢が65才未満ですと使えませんので、年をまたがって110万と90万の贈与を受けてはいかがでしょう。

兄上からの贈与1000万円の贈与については何の優遇規定もありませんので通常の贈与税の申告が必要になります。贈与税額275万円となります。
※贈与税をさけるには下記のような案より選択する例※

1.兄上から借り入れて返済する。この場合は借用書を作成、利息計上する。1〜2%くらいの利息でいいでしょう。
 キチンと振込み等により返済する。あらためて毎年110万を贈与にていただく。

2.兄上にペンションの持分登記1000万円-110万円=890万円分をして使用貸借(無料にて)建物を借りる。
 110万は贈与にていただく。

3.2によった場合に、建物名義持分を毎年110万相当贈与していく。登録免許税はかかります。

4.法人組織にして、兄上に890万円分出資者になってもらい、110万は贈与にていただく。
 その出資持分を毎年110万相当を贈与により移していく。