川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
HOMECONTENTS相談事例集相談事例160810


固定資産の減価償却や創立費の償却を来期に繰り延べたいのですが。

相談事例集 Indexへ戻る

相談内容



固定資産や創立費の減価償却というものは、毎年かならずしなければいけないものなのでしょうか?
今期は費用にしたくないので、来期にまとめて繰り延べると いう事はできるのでしょうか?
今期に 費用計上しなくて済むのなら、来期にそのまま繰り延べたいのですが。
こういった事は可能でしょうか?




解答



創立費、一括償却資産、固定資産とも償却限度額以内であればOKです。
今回の減価償却費をゼロにした場合など不足分を来期に2期分まとめてすることはできませんが。

来期は今期計上できた金額以内の減価償却費しか計上できません。
今期に一括償却資産、固定資産ともに計上しないで税法上は問題はありません。
創立費は全額いつでも償却できます。

ちなみに個人事業の場合は強制償却といって、必ず償却限度額を計上しなければならず、法人は限度額以内の任意償却となっています。