川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
HOMECONTENTS弥生会計04の導入設定勘定科目・補助科目残高の入力  弥生会計05はこちらより 弥生会計06はこちらより


弥生会計04の導入設定 勘定科目の設定・補助科目の設定 勘定科目・補助科目残高の入力
弥生会計04の帳簿入力方法  弥生会計04の決算書の作成

弥生会計04プロフェッショナルの勘定科目・補助科目残高の入力 by弥生会計04Professional

会社を設立して1期目は科目残高や補助科目残高の入力は必要ありませんが、2期目以降や科目の設定・補助科目の設定・修正が必要となります。
最後までお読みになってから設定してください。

1.前期より繰越の勘定科目残高の入力

メニューバーの「リスト」 → 「勘定科目残高入力」をクリックして
前期より繰り越されている資産・負債・資本の勘定科目の前期繰越に金額をいれて
借方科目合計と貸方科目合計を一致させてください。
補助科目のある勘定科目は下記の2の補助科目の前期繰越の金額を入力しますと自動的に作成されます。
もちろん、決算書等により一致を確認してください。
実際は決算書をみながら入力すると思いますが。


2.前期より繰越の補助科目残高の入力
入力方法が2つあります。

@勘定科目の前期繰越の金額をいれながら補助科目の繰越金額を入れる方法

補助科目を先に設定しておくことがポイントです。そうしますと上記 1 の勘定科目をクリックして、
下の「補助」をクリックすると、その勘定科目の補助科目の一覧が表示されますので、
補助科目ごとに前期繰越の金額を入力すると上記 1の勘定科目の金額が自動的に作成されます。

勘定科目の繰越残高をいれて、あとに補助科目を作成設定して入力しますと、勘定科目の繰越残高の金額が [指定なし] のところに表示されてしまいますので、[指定なし]の金額を 0 に訂正しなければなりません。

この [指定なし]はその他の機能がないため補助元帳の閲覧にて[指定なし]を指定してを見ることができません。
ゆえに 補助にその他を使いたい場合には その他というの補助科目を作成してください。

A先に補助科目の前期繰越の金額を入れる方法
あとになってしまいましたが、
メニューバーの「リスト」 → 「補助科目残高入力」 →勘定科目のブルー欄をクリックすると
補助科目を設定した勘定科目がプルダウンされますので、勘定科目ごとに補助科目の繰越残高をいれる。


※弥生会計の導入設定のところで、開始現金残高、預貯金情報、得意先情報、仕入先情報のところで前期繰越の金額を入力されている場合には、上記 1 及び 2 の該当科目はすでに繰越金額の数字がはいっています。

PS
わかやすく説明しようと思いましたが、逆にわからなくなったかもしれませんね。
おすすめは、
弥生会計の導入設定のところで、開始現金残高、預貯金情報、得意先情報、仕入先情報のところで前期繰越の金額の設定をしないで,
補助科目の設定を「リスト」 → 「科目リスト」 補助を設定したい科目を選んで、補助科目と内訳情報を記載してから
上記2の@の方法により入力する方法がまちがいなく短時間でよいみたいです。
それでも、順番が逆になることもしばしばありますが。