川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2018年タックスニュース Monday,February 5,2018


税制改正経費が1.8倍に増加

戻 る(2018年の記事一覧へ)
 国税庁の2018年度予算は7026億4700万円で、17年度当初予算の7004億1600万円から22億3100万円増えて0.3%の微増となりました。

内訳を見ると、17年度より金額が増加したのは、情報化経費、納税者利便向上経費、税制改正関係経費などで、

特に税制改正経費は19年10月に控える消費増税への対応のためか、前年比79.8%増と著しい伸びを見せています。

 一方、導入3年目を迎えるマイナンバー制度の関連費用は55億5300万円から53億5900万円へと微減しています。

 人員面では前年から1061人を増員するものの、同時に定員合理化によって1054人が削減されるため、18年度の定員は5万5674人で前年度より7人の増加となります。

 役職で見てみると、大型の滞納案件に対応するため、

東京国税局に「特別機動国税徴収官(仮称)」の新ポストを導入するほか、海外資産を持つ富裕層や企業の国外取引への備えとして各国税局に国際税務専門官を増員し、各地の税務署にも特別国税徴収官を増やすなど、

インターネットを通じた国際取引や富裕層の海外資産、税滞納に対応するための人員が多く割かれていることが分かります。


<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供:ゆりかご倶楽部





参考URL
平成29年分 確定申告特集
平成29年分の確定申告においてご留意いただきたい事項(平成30年1月)

国税庁HP新着情報
2月5日朝時点での新着情報は、以下の通りです。

国税庁ホームページ掲載日:平成30年2月2日

●FAQ「非居住者に係る金融口座情報の自動的交換のための報告制度」を更新しました
●平成30年度における差押不動産等の鑑定評価等に係る鑑定人の公募について
●合併法人の株主に公益財団法人が含まれている場合の支配関係の判定について(文書回答事例)(平成30年1月26日)



財務省 各年度別の税制改正の内容
総務省  税制改正(地方税)
ご意見箱 財務省
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています


毎年税制が改正されていますので、当局もコストが膨らみますし、
納税者の変わりに税務の勉強する会計事務所も同様に時間コストも増えます。
インターネットによる合理化が逆に複雑にしまうこともあります。