川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2018年タックスニュース Monday.February 19,2018


e-Tax相談、確申期の月曜は混雑

戻 る(2018年の記事一覧へ)
 e-Tax(イータックス)に関する国税当局の電話相談窓口「e-Tax・作成コーナーヘルプデスク」を確定申告期に利用するなら、月曜はできるだけ避けた方がよさそうです。

国税当局が昨年までの受付状況を踏まえて行った混雑予想によると、週明けは特に電話がつながりにくいとのことです。

 確申期前半の2月に「非常に混雑する」と予想されているのは19日と26日の月曜日。

平日は、「比較的電話がつながりやすい」とされている21日(水曜日)を除き、他の日も「混雑する」とされていて回答が待たされる可能性が高いようです。

ストレスなく電話相談できそうなのは18日と25日の日曜日で、「ほとんどお待たせすることなく電話がつながる」と予想されています。

また、全ての日程に共通して、受付時間の午前9時〜午後8時のうち特に午前中は混みやすく、午後5時〜8時は比較的電話がつながりやすいとされています。

 なおヘルプデスクでは、イータックス利用開始のための手続き、イータックスソフトや確定申告書等作成コーナー関連、それらを利用するためのパソコン操作の相談を受け付けています。

税務相談や国税庁以外の業者が提供するイータックスソフト・会計ソフトの操作の相談には対応していません。


<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供:ゆりかご倶楽部





参考URL
平成29年分 確定申告特集
平成29年分の確定申告においてご留意いただきたい事項(平成30年1月)

国税庁HP新着情報
2月19日朝時点での新着情報は、以下の通りです。

国税庁ホームページ掲載日:平成30年2月19日

●「酒類を輸出する酒類業者の皆様へ (参考)輸出証明書発行件数」を更新しました



財務省 各年度別の税制改正の内容
総務省  税制改正(地方税)
ご意見箱 財務省
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています


所得税では平成二十九年分と言い、住民税では平成三十年度と言います。
平成三十年度の住民税が所得税の平成二十九年分で計算されるからです。
一般の方は、区別がつかないかたが多いのですが、無理はありません。
統一すべきことがらです。本来は一本化しなければいけないことだと思います。
行政改革すれば相当の費用がうくことでしょう。