川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2018年タックスニュース Wednesday,Feburuary 28,2018


ダイレクト納付とは

戻 る(2018年の記事一覧へ)
 ダイレクト納付とは、事前に税務署に届出をしておけば、e−Taxを利用して電子申告・徴収高計算書データの送信又は納付情報登録依頼をした後に、届出をした預貯金口座からの振替で、即時又は指定期日に納付できる便利な電子納税の納付手段をいいます。

 これまでのダイレクト納付は、一つの預貯金口座しか登録できませんでしたが、すでに2018年1月4日から、預貯金口座ごとにダイレクト納付利用届出書を提出することで、ダイレクト納付の際に、利用する預貯金口座を選択することができるようになりました。

 徴収高計算書データの送信に電子証明書やICカードリーダライタは不要で、ダイレクト納付も電子証明書などは不要となります。

 これにより、例えば、法人税がA銀行、源泉所得税がB銀行など、税金の種類別に異なる預貯金口座を使用したダイレクト納付が利用できるようになります。

 同一金融機関における複数の預貯金口座で使い分けることも可能ですが、複数の口座利用不可の金融機関もあるようですのでご注意ください。

 また、すでにダイレクト納付を利用しているケースでは、これまで利用している預貯金口座を継続して利用できますので、新たに利用しようとする預貯金口座を記載したダイレクト納付利用届出書を事前に税務署に提出する必要があります。

 電子納税については、ダイレクト納付のほか、ペイジーに対応した金融機関を利用すれば、インターネットバンキングやモバイルバイキング、またはATMを利用して電子納税ができます。

 こちらもダイレクト納付同様、電子証明書等は不要です。

 インターネットバンキング等による電子納税が利用可能な金融機関については、国税庁HPにてご確認ください。

 なお、電子納税は、国税(内国税)に関する全ての税目を対象としておりますので、中間申告(予定申告)や予定納税についても利用可能です。

 また、本税に加えて、附帯税(加算税、延滞税など)にも電子納税ができますが、特定納税専用手続きを選択した場合は、申告所得税、法人税、地方法人税、消費税及び地方消費税、申告所得税及び復興特別所得税、復興特別法人税のみの電子納税が可能となりますので、あわせてご確認ください。


(注意)
 上記の記載内容は、平成30年1月19日現在の情報に基づいて記載しております。
 今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。



記事提供:ゆりかご倶楽部





参考URL
平成29年分 確定申告特集
平成29年分の確定申告においてご留意いただきたい事項(平成30年1月)

国税庁HP新着情報
2月28日朝時点での新着情報は、以下の通りです。

国税庁ホームページ掲載日:平成30年2月27日

●蒸留酒の地理的表示「壱岐」、「球磨」、「琉球」及び「薩摩」を変更しました
●「酒類の地理的表示『壱岐』、『球磨』、『琉球』及び『薩摩』を変更する件(案)」に対する意見募集の結果について(e-govへリンク)
●平成28酒造年度における清酒の製造状況等について



財務省 各年度別の税制改正の内容
総務省  税制改正(地方税)
ご意見箱 財務省
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています


AIやロボットに代表されるように、大きく変わっていく流れの過程の先端の入り口よりちょっとはいった時代にいると感じていますが、その歩みは速いと思うか、遅いと思うかは、人それぞれでしょうが、個人的には、非常に遅いと思っていますが、テクノロジーはそんなに簡単に進まない。
あるSEはずいぶんと進んでるよと言ってました。