川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2018年タックスニュース  Monday, December 10, 2018


【時事解説】シェアリングサービスでもベースは信頼感

戻 る(2018年の記事一覧へ)
 近年、Uber、AirBnBなどの一般人のすき間を活用するビジネスが注目を集めています。

Uberは一口に言えば、タクシーのネット配車ですが、普通のタクシーに加え、一般人が自家用車を空き時間に利用できるようにしているところが特徴です。

AirBnBは、ホテルや旅館ではない一般の住宅を宿泊施設として利用するものです。

こうした個人の所有物を共有するビジネスをシェアリングサービスと呼びます。

日本ではまだまだ規制や法制度の問題があり、それほどでもありませんが、欧米などではかなり普及してきています。

 シェアリングサービスはネットがなければ成り立たないビジネスであり、現代を象徴する最先端の業界といえますが、こうした業界でもビジネスのベースには昔ながらの信頼感が必要なところが面白いところです。

 考えてみれば、発想はとても合理的です。

商売をしていない一般人は車も自宅も1日中フルに私用で使っているわけではなく、空いている時があります。

所有者は固定資産を遊ばせておくのは無駄ですから、空いている時間帯を使って、少しでもおカネを稼げればという欲望を持っています。

一方、専業のタクシーやホテルを使わずとも、少しでも安上がりに移動したい、泊まりたいという人間にとっては、多少サービスが落ちても、一般人の車や自宅が利用できるならそれでいいと考えています。

両者のニーズをうまく組み合わせることができれば、ビジネスとして成り立つはずです。

 従来、こうしたサービスがなかったのは、自分の車や自宅を提供して稼ぎたいと思っている人や、安上がりに移動したい、泊まりたいと思っている人は、どちらも薄く広く存在しているために、両者を結び付ける手段がなかったからです。

ネットの普及で、広範囲に需要と供給のニーズを結び付けることができるようになったというわけです。

 振り返ると、所有物の貸し借りは、昔は普通でした。

脱穀機などの生産機械の貸し借りや、コメや醤油などの日用品を融通するということは、一昔前の農村では一般的な光景でした。

しかし、豊かになるにつれ排他的なモノの所有が広がり、共同体的貸し借りは衰退し、所有と利用が一致するような経済に移行していきました。

その貸し借りがネットの普及とともに洗練された形で復活してきたように思います。

 カネが介在してビジネスとして成立しているという点は違いますが、そうした以前の隣組のような村落共同体の生活と現在の最先端のシェアリングサービスは多数の人がモノを有効活用するという点で似通っています。

ただ、決定的な相違点もあります。

それは自分のモノを利用する他人をよく知っているかどうかです。

 隣組の住人は全ての人間が顔見知りで、性格もよく分かっています。

だから、モノの貸し借りを安心してできます。

しかし、ネット利用の貸し借りビジネスを利用する人はまったくの赤の他人で、場合によっては生活習慣の異なる海外の人の場合もあります。

タクシーやホテルなどの専門業者なら、まったく知らない人が利用するのは当然のことで、それを前提に施設を作り、料金も定めています。

しかし、シェアリングサービスは個人の所有物をよく素性の知らない人に貸すのですから、不安になるのは当然です。

その不安をどのようにやわらげるかが、このビジネスの一つの課題になります。

人間の感情や性癖などの評価はコンピュータの苦手分野だと思っていたのですが、最近のAI(人工知能)の急速な発展を見ると、そうしたことも克服できるのかもしれません。

 技術が発達し、どのような新しいビジネスが誕生しても、ビジネスの基礎には信頼がなければならないということは、いつの世でも変わらない真理です。


(記事提供者:(株)日本ビジネスプラン)



記事提供:ゆりかご倶楽部





参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)

12月10日朝時点での新着情報は、以下の通りです。
国税庁ホームページ掲載日:平成30年12月7日

≪税の情報・手続・用紙≫
●平成30年分所得税の確定申告関係書類を掲載しました
●「平成30年分贈与税の申告書等の様式一覧」を掲載しました
●「平成30年分贈与税の申告のしかた」を掲載しました
≪法令等≫
●「平成30年分の類似業種比準価額計算上の業種目及び業種目別株価等について」の一部改正について(法令解釈通達)
≪お知らせ≫
●ダイレクト納付を利用した予納の開始について



財務省 各年度別の税制改正の内容
総務省  税制改正(地方税)
ご意見箱 財務省
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています