川島会計事務所SiteMap
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2020年タックスニュース  Monday, March  09, 2020


建設業者に節税助言の責任なし

戻 る(2020年の記事一覧へ)
 誤った節税アドバイスに従った結果、追徴課税を受けたとして地権者がゼネコンを訴えた裁判で、名古屋地裁がこのほど、地権者の請求を棄却する判断を下しました。

建設業者は税の専門家ではないことから「法的責任は認められない」としています。

 訴状によると原告の地権者24人は2011年、開発を進めていた土地につき、地元のゼネコンの委託業者から、「土地の交換には税金がかからない」との説明を受け、ゼネコンに土地を提供し、別の土地を得るなどの契約を結びました。

 しかし名古屋国税局は、等価交換ではなく売却とみなして譲渡所得を認定、地権者らに計約2億1千万円を追徴課税しました。

地権者らはこれを不当して約6億円の損害賠償を求めて訴えを起こしていました。

 原告側は「ゼネコンとの仲介を行った業者が税金はかからないと説明した。

同社に調査や説明の義務があった」と主張。

しかし裁判長は、「仲介業者は税の専門家でなく、結果的に誤っていたとしても説明の法的義務はない」と訴えを退けました。

また地権者との土地取引の契約書に「課税される可能性がある」旨の文言が入っていることなどから、「課税については、本来、地権者本人が調査すべきだ」と結論付けました。


<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供:ゆりかご倶楽部


マルチーズのみずき


参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)


3月9日朝時点での新着情報は、以下の通りです。
国税庁ホームページ掲載日:2020年3月6日


≪トピックス≫
●申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限の延長について告示しました(PDF/100KB)
●期限が延長される主な手続きについて
●令和元年分確定申告期の確定申告会場のお知らせ
≪税の情報・手続・用紙≫
●•酒類販売管理研修に関するお知らせ


■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています