川島会計事務所SiteMap
人間中心のTAXを見つめています
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2021年タックスニュースFriday,December 24,2021


【時事解説】中小企業における金融機関への期待

戻 る(2021年の記事一覧へ)
 感染症流行による事業環境の変化を踏まえて、中小企業において金融機関に対する支援の期待が高まっています。

 そこで中小企業庁編「中小企業白書2021年版」において実施したアンケート調査(東京商工リサーチ「中小企業の財務・経営及び事業承継に関するアンケート」)に基づき、感染症拡大前後のメインバンクからの提案・支援に対する期待などについてみていきましょう。

 まず、金融機関からの借入れがある企業の、メインバンクに対する評価についてみると、

融資に関する提案、融資以外に関する提案のいずれの項目についても「やや不満」、「不満」と回答した企業の割合は非常に少なくなっています。

一方で、融資以外に関する提案について、「満足」及び「やや満足」と回答した企業の割合の合計は、融資に関する提案と比べると低くなっています。

 つぎに、感染症流行前にメインバンクから受けた提案・支援と、今後受けたい提案・支援についてみると、今後受けたい提案・支援としては、「特に当てはまるものはない(48.8%)」の割合が最も高いものの、それ以外では「ビジネスマッチング(18.2%)」、「M&Aマッチング(13.9%)」、「人材面の支援(11.9%)」の順に高くなっています。

また、上記の項目に加え、今後受けたい提案・支援として「業務効率化の支援」、「経営計画策定の支援」、「デジタル化支援」、「技術開発支援」と回答した企業の割合は、感染症流行前に受けた提案・支援として回答した割合よりも高くなっています。

 このように感染症流行を受けて、中小企業が今後の経営戦略を検討するうえで、金融機関に対する資金繰り以外の支援に対する期待が高まっているのです。

 では、感染症流行による事業環境の変化を踏まえて、金融機関は具体的にどのような支援を行っているのでしょうか。

そこで中小企業白書2021年版において、感染症流行下の取引先企業の経営課題に迅速に対応した金融機関の事例として紹介された飯田信用金庫の取組みについてみていきましょう。

 長野県飯田市に本店を置く飯田信用金庫は、事業者に対する感染症流行を踏まえた支援策として、2020年3月と8月に計2回の大規模なヒアリングを行い、速やかに資金繰り支援を実施しました。

各支店が収集する取引先の課題などの情報はイントラネット上で集約し、役職員間で情報を共有しています。

その中で、休業中の老舗高級旅館の女将からの「従業員の仕事に対するモチベーションを維持できるか心配」という声と、さくらんぼ観光農園からの「観光客が来なくなったため、このままでは自力で収穫して出荷しようにも人手がなく収穫できない」という声を受け、同信金本部が両者の声を結び付け、旅館従業員と観光農園の収穫作業のマッチングに乗り出しました。

 そこで地元の観光まちづくりセンターとも連携し、6軒の農家に旅館の従業員を交代で派遣することになりました。

旅館の従業員は農家の指導の下、さくらんぼの収穫を手伝うなど農作業に従事し、各農家が無事にさくらんぼを出荷することができました。

 その後、同旅館は2020年7月に営業を再開し、従業員は、派遣先農家のさくらんぼで作ったウェルカムドリンクを宿泊客に提供するなど農家とのつながりはその後のサービスの拡充にも生かされています。

 このように感染症流行を受けて、金融機関が業種をまたいだビジネスマッチングなどの支援を行っているのです。


(記事提供者:(株)日本ビジネスプラン)


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]


マルチーズのみずき


参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY


12月24日朝時点での新着情報は、以下の通りです。
国税庁ホームページ掲載日:2021年12月23日


≪刊行物等≫
●令和3年分民間給与実態統計調査の対象となられた事業所の皆様へ


■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています