川島会計事務所SiteMap
人間中心のTAXを見つめています
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2022年タックスニュースFriday,February 25,2022


【時事解説】小規模事業者におけるSDGsの取組

戻 る(2022年の記事一覧へ)
 SDGs(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)が、わが国においても重要な指針とされる中、小規模事業者においてもSDGsへの対応は今後重要となっていくことが考えられます。

 以下では、中小企業庁編『小規模企業白書2021年版』において実施されたアンケート調査に基づき、小規模事業者におけるSDGsの取組状況などについてみていきましょう。

 小規模事業者のSDGsへの認知度・取組状況についてみると「SDGsについて既に取組を行っている」または「SDGsについて取組を検討している」と回答した割合の合計は全体の約1割にとどっています。

一方で、「SDGsの内容について知っているが、特に取組は検討していない」または「SDGsという言葉を聞いたことがあるが、内容は知らない」との回答までを含めた割合は約7割となっており、小規模事業者においてもSDGsへの認知度が高まっていることがわかります。

 SDGsの17のゴールのうち関心のあるものを聞いたところ、「住み続けられるまちづくりを」と回答する割合が、BtoC型事業者、BtoB型事業者ともに最も高くなっています。

また、「関心のあるものはない」と回答する割合は1割程度にとどまっていることから、小規模事業者の大半はSDGsのゴールのいずれかに関心を持っていることがわかります。

 小規模事業者がSDGsに取り組む目的をみると、「社会的責任の達成」と回答する者の割合がBtoC型事業者、BtoB型事業者ともに最も高くなっています。

また「自社・自社商品・サービスの知名度向上」や「自社好感度の向上」、「新たな事業機会の獲得」と回答する割合はそれぞれ約3割から約4割となっています。

 このようにSDGsに取り組むことで業績向上を期待する小規模事業者も一定程度存在するのです。

 では、小規模事業者においてSDGsの取り組みは具体的にどのように行われているのでしょうか。

そこで中小企業庁編『小規模企業白書2021年版』においてSDGsに沿った新規事業に取り組んだ事例として取り上げられた、株式会社きぬのいえ(埼玉県、従業員数6名)の取り組みについてみていきましょう。

 株式会社きぬのいえは、独自の染色技術でスカーフ、のれん、バッグなど小物雑貨の製造・販売を行う企業です。同社は呉服裏地の産地問屋として創業した後、染色整理業へ事業転換しました。その後自社ブランドを立ち上げ、海外市場開拓などを実現してきたものの、売上げの7割を占めるOEMが減収傾向で伸び悩んでいたことから、新たな収益の柱の必要性を感じていました。

 こうした中、同社社長は、近年ファッション業界において大手を始め、SDGs達成への取組が主流となりつつあることを知り、自社でもSDGsの達成に貢献できる取り組みとして、サステナブルな新規事業を模索し始めました。

 同社は商工会主宰の事業者支援プログラムを活用しつつ商品開発のアイデアを練り、退色や黄ばみの出た衣類を再生する事業のアイデアを生み出しました。

そして同社で古着の染め直しサービス「SOMA Re:(ソマリ)」をスタートさせました。

既存事業の染め工程の遊休時間を活用することでリーズナブルな価格を実現し、1枚ずつ職人が丁寧に染め上げることで安心感と満足感も提供しました。

 「SOMA Re:」は顧客の環境意識に応えるユニークなビジネスとして、雑誌やテレビなどで取り上げられ、認知が広がり、開始から半年で売上げの5%を占めるまでになりました。

 このようにSDGsに沿った新規事業に取り組むことで、新たな事業の柱を構築することも可能となるのです。


(記事提供者:(株)日本ビジネスプラン)


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]


マルチーズのみずき


参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY


2月25日朝時点での新着情報は、以下の通りです。
国税庁ホームページ掲載日:2022年2月24日


≪トピックス≫
●【酒類事業者向け】「EnjoySAKE!プロジェクト」の公募を開始します(令和3年度補正予算)


■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています