川島会計事務所SiteMap
人間中心のTAXを見つめています
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2022年タックスニュースMonday,August 22,2022


迫る火災保険の大幅値上げ

戻 る(2022年の記事一覧へ)
 住宅にかける火災保険の実質的な値上げ≠ェ今年10月に迫っています。

地域や築年数によっては保険料算出の基礎となる参考純率の引き上げ幅が最大4割近くに達するところもあるそうです。

さらに契約期間の上限見直しも行われ、これまでは最長10年の契約を結べたところが、5年が最長となります。

現在加入している保険をいったん解約し、値上げ前のおトクな契約を結び直すなら今がチャンスです。

 値上げの背景にあるのは、近年相次ぐ自然災害による保険金支払額の増加があります。

毎年のように発生する風水害によって多大な支払いを余儀なくされている保険会社は、値上げや契約期間の短縮によって風水害のリスク増大に対応していこうという考えです。

 留意したいのは、引き上げ幅は構造や地域によってかなりバラツキがあり、なかには引き上げどころか今回の改定によって値下げ≠ノなっているエリアもある点。

例えば築5年未満のマンション構造の住宅を見てみると、宮崎県では参考純率が30.5%も引き上げられる一方、山形県ではマイナス4.7%と、実質的な値下げとなっています。

 自分のマイホームや収益物件があるエリアの保険料を確認した上で、現行の契約を維持するか、10月までに10年間の契約に加入し直すか、保険料が値下げとなる地域では10月以降に改定後の内容で加入し直すか、最善の選択をしたいところです。


<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]


マルチーズのみずき


参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY





■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています