川島会計事務所SiteMap
人間中心のTAXを見つめています
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2022年タックスニュース


SDGs実施企業の67%「メリットあり」

戻 る(2022年の記事一覧へ)
 国連が定めた世界共通の行動指針である「SDGs」(持続可能な開発目標)について、取り組んでいる企業の66.5%が経営上のメリットを得られたという調査結果を帝国データバンクが公表しました。

調査は全国の1万1337社から有効回答を得たもの。

 SDGsは2015年9月の国連サミットにおいて全会一致で採択された世界共通の行動目標で「エスディージーズ」と読みます。

30年までに実行すべき取り組みを「ジェンダー平等を実現しよう」「働きがいも経済成長も」といった17の目標で示しているものです。

 SDGsの取り組みによる効果として最も多かったのは「企業イメージの向上」で37.2%に上りました(複数回答)。

回答企業からは「子ども向け食堂や木工物のふるさと納税など産官学での取り組みを進めた結果、企業イメージが向上し地元からの受注増につながっている」との声が寄せられています。

 2番目に多かったのは「従業員のモチベーションの向上」(31.4%)で、「経営方針のベクトルが明確化され従業員のモチベーション向上に非常に有用だった」ということです。以下、「経営方針等の明確化」(17.8%)、「採用活動におけるプラス効果」(14.0%)、「取引拡大・新規開拓」(12.3%)、「競合他社との差別化」(11.5%)、「売上の増加」(11.1%)と続きました。

 SDGsは社会的な目標を定めたもので具体的な行動を示したものではありませんが、金融機関や自治体は独自の指標を設定することで事業者のSDGsを促すための施策を展開しています。


<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]


マルチーズのみずき


参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY





■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています