川島会計事務所SiteMap
人間中心のTAXを見つめています
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2023年タックスニュース Thu,November 30,2023


日本ホテル協会:2024年度税制改正要望を公表

戻 る(2023年の記事一覧へ)
 日本ホテル協会は、2024年度税制改正要望を公表しました。

 それによりますと、「経営基盤の強化」や「人材不足への対応」を中心に要望しております。

 経営基盤の強化については、2019年に発生した新型コロナ感染症が落ち着きを見せはじめ、ようやく宿泊需要が戻りつつあるが、

人手不足、物価高騰の影響も深刻となっていることから、観光立国を支える基盤インフラとして使命を果たすため、ホテル業の経営基盤を強化する税制改正を要望しております。

 具体的には、コロナ禍に伴う人流抑制により生じた巨額の赤字に対応し、大企業について欠損金の繰越控除を繰越控除前の所得の50%とする上限を撤廃することや、

繰越期間の10年の制限を20年に延長することを求めております。

 また、産業競争力強化法に基づく事業適応計画の認定を受けた場合、大企業でも特例事業年度に発生した欠損につき、投資の範囲内で100%まで繰越控除を可能とする特例について、新たな計画認定に基づく適用を認めるとともに、あわせて事業年度及び適用期間を延長することを要望しております。

 さらに事業用資産の買換え特例の要件緩和、固定資産税(土地)の負担調整措置の延長と拡充、固定資産税(家屋)の負担軽減なども盛り込んでおります。

 一方、経営危機でホテルから人材が流出した結果、回復する観光需要に対応するため早急に人材を確保・育成する必要があると指摘しております。

 観光立国を支える人材への投資を促進するため、2005年度から2008年度(中小企業は2011年度)まで存在した「人材投資促進税制」(教育訓練費の増加率に応じ、税額控除を認める制度)の復活を要望し、賃上げ促進税制の延長と拡充、人材確保等促進税制の復活も求めております。

 賃上げ促進税制は、適用期限の延長に加えて、現在、大企業については継続雇用者の給与等支給額の増加を、

中小企業については雇用者全体の給与等支給額の増加をそれぞれ要件として税額控除を認め、

さらに教育訓練費が増加していれば追加の税額控除を認める制度内容を、大企業・中小企業ともに継続雇用者か雇用者全体かどちらかの基準を満たせば適用できるよう見直すことも求めております。

 今後の税制改正の動向に注目です。

(注意)
 上記の記載内容は、令和5年10月6日現在の情報に基づいて記載しております。
 今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]


マルチーズのみずき


参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY





■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています