川島会計事務所SiteMap
人間中心のTAXを見つめています
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2023年タックスニュース Fri、December 01,2023


来年分の前払いで今年の損金に

戻 る(2023年の記事一覧へ)
 企業が商品やサービスに支払う対価は、実際にサービスを受ける年度の費用として、課税対象となる儲けから差し引くのが原則です。

しかし実際には来年分の家賃や翌期分の特許使用料など、今期に支払っている料金であっても、サービスは翌年以降に受けるものもあります。

 このような「前払費用」については、サービスを1年以内に受けること、サービスが契約期間中に継続的に均等に提供されること、毎期支払っている対価であることなどの条件を満たすことで、実際にサービス等を受けるのが来期でも、「短期前払費用」として今期の損金に含めることができます。

 ではここで、利益が出ているため、損害保険料を1年分前払いにして当期の経費にした会社があるとします。

そして来期以降についても、利益が出た場合には1年分前払いにして、逆に利益が出なければ分割払いに変えることで、その年の業績に合わせた節税策が講じられるのではないか――。

こんなことを考えそうですが、実際には年払いで損金にした保険料を翌期以降に月払いに戻すことはできません。

「利益が出たから、当期だけ1年分支払う」というような利益操作は不可能ということです。

 なお契約期間が2年以上のものについては、翌期以降の経費計上分を月割り按分し、「長期前払費用」に振り替えて契約期間に応じて経費計上していく必要があります。


<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供:ゆりかご倶楽部


追記
こういった、会計や税法の概念をすべて捨てて、発生主義や期間配分、減価償却などすべてをなくし、全て現金主義にすればよい。
支払ったほうも費用処理、受け取ったほうもすべて売上にすればよい。
発生主義だ、期間按分などするから間違いが起こるのである。
単純にすればよい。現金主義ベースにすれば、もうかっているところは、費用をどんどん使い、売上げるところは、利益が増える。
経済の活性化には、一番効果があると思います。
消耗品費の基準10万円未満という骨董品的なせこい考え方は捨てて、金額に関係なく支出したら、すべて費用とする。
しかも支払ベースで費用とする。そういった単純明快にすればよい。
複雑怪奇にする時間も費やすのではなく、人生楽しむための時間をかけたほうがよい。

税理士 川島博巳


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]


マルチーズのみずき


参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY





■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています