川島会計事務所SiteMap
人間中心のTAXを見つめています
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2023年タックスニュース Mon,December 04,2023


宝くじ当選金 共同購入で無税

戻 る(2023年の記事一覧へ)
 年末ジャンボ宝くじが12月22日まで販売されています。

今回は1等7億円が23本、前後賞合わせると10億円。

抽選は12月31日に東京オペラシティで行われます。

1等の当選確率は約2000万分の1で、パーセントにすると0.000005%という極めて低い確率ですが、

それでも10億万長者という夢をみて、今年も多くの人が購入売り場に列を作っています。

 宝くじを買う際には、「当たったら半分あげるよ」と冗談まじりに言うことがありますが、本当に当たって約束通りに半分を与えることになったときは、税務上は大変なことになります。

宝くじに税金がかからないのはよく知られるところであるものの、当選後の贈与となればそうはいかないためです。

 10億円当たって半分の5億円を譲渡すれば、基礎控除110万円を引いた残りの4億9890万円に最高税率の55%を掛け、そこから控除額の400万円を差し引いた約2億7000万円が贈与税として持っていかれることになります。

すなわち、約束どおり5億円を分けてもらっても、手元に残るのは2億3000万円だけとなります。

 本当に「当たったら半分あげるよ」を実行するつもりで、当選時に当選金を減らすことなく分けるには、共同購入するべきです。

そして、当選金を受け取る際に、分けたい相手と一緒に銀行へ行き、共同で宝くじを購入したことを伝えると、当選金も共同で、それぞれが受け取ることができます。

これで贈与税は回避できるというわけです。


<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]


マルチーズのみずき


参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY


12月4日朝時点での新着情報は、以下の通りです。
国税庁ホームページ掲載日:2023年12月1日


≪トピックス≫
●「令和5年分 確定申告特集(準備編)」を開設しました

≪税の情報・手続・用紙≫
●「令和6年版 源泉徴収のしかた」を掲載しました
●令和5年分所得税の確定申告関係書類を掲載しました


■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています