川島会計事務所SiteMap
人間中心のTAXを見つめています
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2023年タックスニュース Tue,december 26,2023


《コラム》損害賠償金等に税金はかかるのか

戻 る(2023年の記事一覧へ)
損害賠償金等は基本的には非課税

 事件や事故に遭った際、被害者が治療費・慰謝料・損害賠償金などを受け取ったとき、所得税は非課税となります。

 国税庁は具体的な例として、

@心身に加えられた損害について支払いを受ける慰謝料など

A不法行為その他突発的な事故により資産に加えられた損害について受ける損害賠償金など

B心身または資産に加えられた損害につき支払いを受ける相当の見舞金を挙げています。


収入となるケースもある

 上記のような損害賠償金については原則非課税となりますが、

個人事業者が受け取る収益補償や必要経費を補填するために受け取る損害賠償金については、
既に必要経費に算入された費用や、将来必要経費に算入される費用を補填するものですから、
事業所得の総収入金額に算入することとなります。

例えば、
@配達中の事故でダメになった商品について損害賠償金を受け取った

A車両が店舗に飛び込んで損害を受け、その店舗の補修期間中に仮店舗の賃借料の補償として損害賠償金を受け取った

といった、損害を受けた資産が事業用資産の場合は、事業所得の収入金額になります。

 また、事故により事業用の車両を廃車とする場合で、その車両の損害について損害賠償金を受け取ったケースは、

車両について資産損失の金額を計算する場合、損失額から損害賠償金などによって補填される部分の金額を差し引いて計算します。

なお、この場合の車両に対する損害賠償金は非課税となります。


やけに細かい損害賠償金の説明

 国税庁のWebサイトを見ると、「質疑応答事例」には「ガス爆発事故に伴い被害者が受領する損害賠償金等」や

「マンションの施工不良に伴う耐震補強工事により損害賠償金として受領する仮住まい保証金について」など、

やけに細かい状況の損害賠償金に対する説明ページが用意されています。

おわかりの方も多いと思いますが、これは過去に大きく報道された事件・事故に関係する内容です。

質疑応答事例のページは「国税局において納税者の方々からの照会に回答した事例等のうち、

他の納税者の参考となるものを掲載する」という説明ですが、局所的な事例が取り上げているのは報道に対するリアクションなのでしょうか。


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]


マルチーズのみずき


参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY


12月26日朝時点での新着情報は、以下の通りです。
国税庁ホームページ掲載日:2023年12月25日


≪法令等≫
●「各対象会計年度の国際最低課税額に対する法人税に関するQ&A」を掲載しました
●「国税通則法基本通達(徴収部関係)」の一部改正について(法令解釈通達)


■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています