川島会計事務所SiteMap
人間中心のTAXを見つめています
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2024年タックスニュース Tue,January 09,2024


《コラム》国境を越えた役務提供に係る消費課税

戻 る(2024年の記事一覧へ)
 海外の事業者からインターネットを介して音楽やゲーム等の配信サービスを受けた場合には、

「国境を越えた電気通信利用役務の提供」として消費税が課されます。


内外判定基準の見直し

 消費税は、国内取引に課され、国外取引には課されません。

国外から受ける電気通信利用役務の内外判定は、平成27年10月より役務の提供を受ける者の住所等で行うことになりました。

これは電気通信利用役務について提供者が国内事業者、国外事業者のいずれも課税の取扱いを同じにして、事業者間の公平性を確保したものです。


事業者向けと消費者向けに区分

 日本に拠点を持たない国外事業者に適正に課税することは困難を伴います。

そこで国外からの電気通信利用役務の提供を事業者向けと消費者向けに区分し、

事業者向け電気通信利用役務はWEBサイトを利用させるサービスなど役務の提供を受ける者が通常事業者に限られるものと定義して、

国内事業者に申告・納税義務を持たせました。

経過措置として原則課税で課税売上割合が95%未満の場合に適用されます(リバースチャージ)。

なお、事業者向け電気通信利用役務の提供は、個別契約で役務提供を受ける者が通常事業者に限られる場合も該当します。

消費者向け電気通信利用役務の提供は、事業者向け電気通信利用役務の提供以外のものと定義して、国外事業者に申告・納税義務を持たせました。

事業者、消費者の双方がサービスを受ける場合も消費者向け電気通信利用役務の提供に含まれます。


消費者向けは、仕入税額控除に制限あり

 消費者向け電気通信利用役務の提供については、国外事業者に課税漏れが生じることから当分の間、仕入税額控除の適用対象外とされています。

ただし、国は登録国外事業者制度を設けて登録を受けた事業者が発行する請求書と帳簿を保存する事業者には仕入税額控除を認めています。


登録国外事業者はインボイス制度に移行

 登録国外事業者制度は、令和5年10月からインボイス制度に移行されました。

令和5年9月1日時点の登録国外事業者は登録の取消しを求める旨の届出書の提出がない場合、

インボイス発行事業者の登録を受けたものとみなされ、役務提供を受けた事業者は仕入税額控除をすることができます。

 電気通信利用役務の提供を受けたときは、契約内容から誰が申告・納税義務を負うのか、課税関係を確認しましょう。


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]


マルチーズのみずき


参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY





■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています