川島会計事務所SiteMap
人間中心のTAXを見つめています
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2024年タックスニュースFri,January 19,2024


年末調整、やり直しは1月末まで

戻 る(2024年の記事一覧へ)
 年末調整は12月31日時点での情報を基に、その1年の所得税額などを確定させるために行うものです。

そのため、たとえ年末調整の作業が12月上旬に終わっていても、年末までに従業員に家族環境の変化などがあれば、
それを反映させる修正作業が求められるということに注意が必要です。

 例えば従業員の一人から、扶養に入れていた子のアルバイト収入が思っていたより多かったため扶養から外れることになり、

年末調整をやり直してほしいと言われるということがあり得ます。

このように年末調整が終わった後にその内容に変更が生じたときは、

給与所得の源泉徴収票を受給者に交付することとなる翌年1月末日までに年末調整をやり直さなければなりません。

 年末調整の内容が変更になる要素としては、

@その年分の給与を追加して支払うこととなった、

A子どもが結婚して控除対象扶養親族の数が減少した、

B受給者本人が障害者に該当することとなった、

C配偶者控除または配偶者特別控除の適用を受けた配偶者や受給者本人の合計所得金額の見積額と

確定した合計所得金額に差額が生じたことで控除額が変わった―などが考えられます。

 1月末までに間に合わず、源泉徴収票の発行後や2月1日以降に再調整が必要となったときには、

2月16日から3月15日の間に従業員自身が確定申告することになります。

どちらにせよ手間なので、なるべく年末調整のやり直しはしたくないものです。


<情報提供:エヌピー通信社>


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]


マルチーズのみずき


参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY





■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています