川島会計事務所SiteMap
人間中心のTAXを見つめています
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2024年タックスニュースWed,January 24,2024


インボイス登録通知を受けるまでの適格請求書の交付方法について

戻 る(2024年の記事一覧へ)
 国税庁は、同庁ホームページ上において、インボイスQ&Aを追加しており、その中の一つに「小売店を経営する新設法人における登録の通知を受けるまでの間の適格簡易請求書の交付方法」が挙がっております。

 新設法人が、事業を開始した日の属する課税期間の初日から登録を受けようとする旨を記載した登録申請書を、

課税期間の末日までに提出した場合に、適格請求書発行事業者登録簿への登載が行われたときは、その課税期間の初日に登録を受けたものとみなされます。

 この場合、登録日(課税期間の初日)から適格請求書等を交付する義務は生じますが、通知を受けるまでの間、

適格請求書等を交付することはできないので、売手は、例えば、事前に適格請求書等の交付が遅れる旨を取引先に伝え、

通知後に適格請求書等を交付すること、さらに取引先に対して、通知を受けるまでは、登録番号のない請求書等を交付し、
通知後にあらためて適格請求書等を交付し直すなどの対応が考えられます。

 また、取引先に対して、通知を受けるまでは、登録番号のない請求書等を交付し、その請求書等との関連性を明らかにした上で、適格請求書等に不足する登録番号を書類やメール等で知らせるといった対応も考えられます。

 コンビニエンスストアなどのように、小売店等を営む事業者が、不特定かつ多数の者に登録番号のないレシート等を交付している場合には、

事前にインボイスの交付が遅れる旨を事業者のホームページや店頭で告知した上で、

例えば、買手側から電話等を受け、その際に登録番号を知らせ、買手側においてその登録番号の記録とレシート等とを組み合わせてインボイスとして保存してもらう対応などにより、買手は仕入税額控除を受けることができます。

 なお、上記は登録日から登録番号の通知が届いた日までにおける経過的な取扱いとなりますので、

手元に登録番号の通知が届き、登録番号を記載した適格簡易請求書を交付できるようになった日以降は、記載事項を満たしたインボイスを交付する必要がありますので、あわせてご注意ください。


(注意)
 上記の記載内容は、令和5年12月1日現在の情報に基づいて記載しております。
 今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。


記事提供:ゆりかご倶楽部


追記
そもそも、インボイス登録をしているかいないかの違いだけなので、この制度はやはりおかしいとしかいいようがない。


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]


マルチーズのみずき


参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY


1月24日朝時点での新着情報は、以下の通りです。
国税庁ホームページ掲載日:2024年1月23日


≪トピックス≫
●【酒類事業者向け】「日本産酒類海外展開支援事業費補助金」及び「酒類業振興支援事業費補助金」の募集を開始しました。

≪お知らせ≫
●令和6年度分の預貯金通帳等に係る印紙税一括納付の手続について

≪国税庁等について≫
●令和5年度「行政機関等匿名加工情報」に関する提案の募集の公示


■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています