川島会計事務所SiteMap
人間中心のTAXを見つめています
川島会計事務所
 
HOMECONTENTSタックスニュースタックスニュース2024年タックスニュースFri,February 09,2024


【時事解説】国内貯蓄は低金利を支え続けられるか

戻 る(2024年の記事一覧へ)
 日銀の金融政策が為替相場に与える影響が注目されています。

 金利も最終的にはマネーの需給バランスで決まります。

つまり、日銀が低金利政策を維持できるのは、マネーの供給源として安定した国民の円預金がバックに存在するからです。

家計の現預金のうち、外貨預金の占める割合はわずかです。

どんなに金利が低くても強固に円預金をし続ける辛抱強い国民がいるから、日銀は金融緩和姿勢を保ち続けられるのです。

 しかし、産業の競争力が減退し日本経済の将来不安が高まるようになれば、今後の展開次第では、こんな低金利では円預金を継続できないと、国民が判断するような時期が来るかもしれません。

「預金が海外に逃げる」いわゆるキャピタルフライトです。

そうなると、日銀の低金利政策の維持も困難になります。
果たして、日本人の円預金選好はこのまま続くのでしょうか。

 国民は「日本経済を破綻から救うため」というような高尚な愛国心から、損を覚悟で円預金を続けているわけではありません。

日本人が低金利にもかかわらず円預金を過度に選択する理由として、次のようなことがよく言われます。

「日本人は保守的だからリスクを取るのを嫌い、高金利の外貨預金ではなく、低金利でも円を選択するのだ」と。

 確かに、円預金には外貨預金にあるような為替リスクは存在しません。

日本で終生暮らし、消費も円で行う日本人にとって、円預金にリスクはない、というのも一理あるような気がします。

しかし、消費の最終目的を見据えてリスクを考えると、円預金には為替リスクとは違うリスクが存在します。


 消費はマネーとモノとの交換ですから、最終的に問われるのはモノの価格との相関です。

円で測ったモノの価格、すなわち物価が重要です。

日本は長い間、物価が低下するデフレ傾向が続いていましたから、円預金はモノの価格との相関関係では決して損にはなりませんでした。

ところが、これから世界的な物価上昇に巻き込まれ、日本もインフレ傾向になると話は違ってきます。

モノの価格は上がるのですから、ゼロ金利の預金は相対的に目減りしていきます。

つまり、円預金でもインフレリスクは存在するのです。

 これまで円預金においてインフレリスクを意識せずに済んだのは、単にデフレ傾向にあったからに過ぎません。

インフレに転じればインフレリスクを意識せざるを得なくなります。

インフレリスクが高まれば、モノや株式等の投資商品を買うことの他、高金利の外貨預金への振り替えという選択肢も浮上します。

 手数料は下がり、システムは改善し、外貨預金は以前よりずっと取り組みやすくなっています。

インフレリスクが顕在化してもなお、日本人は為替リスクを嫌い、ほとんど金利が付かない円預金を継続するのか。

あるいは、どうせインフレリスクがあるなら、この際、為替リスクを取り、高金利の外貨預金を選択しようとするのか。現在は1%に満たない外貨預金比率ですが、それが10%になるだけで状況はかなり違ってきます。

そうなると、巨額の財政赤字のファイナンスが国内預金だけでは難しくなり、低金利政策の維持も難しくなります。

 現在の我が国の経済は低金利政策によって支えられています。

低金利政策が維持できなくなると、財政収支を筆頭に日銀の収支や個人の住宅ローン、借入過多の企業の存続にも大きな影響を与えます。

その意味で、私は、国民の円預金の動向が今後の日本経済の大きなカギになるのではないかと考えています。


(記事提供者:(株)日本ビジネスプラン)


記事提供:ゆりかご倶楽部


[Studying English]


マルチーズのみずき


参考URL


国税庁HP新着情報(国税庁トップページ)NATIONAL TAX AGENCY





■財務省

財務省 各年度別の税制改正の内容

総務省  税制改正(地方税)

ご意見箱 財務省

法令解釈通達 |国税庁

消費税の軽減税率制度について|国税庁

国税不服審判所/公表裁決事例
国税庁/税務訴訟資料
   川島会計事務所
人間中心のTAXを見つめています